■細胞の再生に必要なミネラル「亜鉛」

亜鉛は組織の再生に非常に強く関わっていて新しい細胞を作るときに使われます。
体内の亜鉛の量は年齢と共に少しずつ減少していきます。
インスタント食品だけ食べていると様々なミネラルが減少する危険が高まります。




■亜鉛不足により引き起こされる症状

・味覚障害
・傷の治りがおそい
・食欲不振
・よくカゼをひく
・肺炎などの感染症

亜鉛不足で口の中の細胞がうまく再生できないと味覚障害を引き起こすこともあります。
また亜鉛不足によって細胞の再生がうまくいかなくなると、やたらと爪が欠けたり、傷が昔に比べて治りにくくなるといった症状があらわれることもあります。
亜鉛不足によって腸の再生不足がうまくいかず腸の働きも悪くなり食欲も出てこなくなることもあります。
亜鉛不足は免疫力の低下も引き起こすため、よくカゼを引いたり肺炎など様々な感染症のリスクも高まるといわれています。

■亜鉛不足の原因

・加齢
・インスタント食品の摂り過ぎ
・野菜中心の食事
・アルコール

肉類や魚介類に亜鉛が多く含まれているため、肉や魚を絶対食べないなど過度にコレステロールの制限を行うと亜鉛不足の原因になることがあります。
豆腐や野菜にも亜鉛は含まれていますが肉類や魚介類に比べると圧倒的に少ないです。
野菜だけでなく肉や魚介類も取り入れたバランスの良い食生活が大切になります。
アルコールは亜鉛の吸収を妨げてしまうので要注意です。

■亜鉛を多く含む食材

・肉類
・魚介類
・海藻類

亜鉛不足が深刻な場合は、薬やサプリメントで亜鉛を摂ることで症状が改善することもあります。
しかし亜鉛に限らず、あるミネラルだけを過剰に摂取し過ぎてしまうと他のミネラルの吸収を妨げてしまう場合もあるので注意しましょう。
サプリなどでミネラルを補給する場合は事前に医師に相談した方が良いです。
自分の体にどんなミネラルが不足しているかは血液検査などで調べることができます。

■ビタミンCで亜鉛の吸収率をアップさせる

亜鉛はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がります。
酢豚とパイナップルはとても良い組み合わせといわれています。