目を閉じてリラックスした時に黒目が大きく外を向いている人は夕方になると目が疲れやすくなります。
1時間に1分間目を閉じて疲れ目を治すことが疲れ目改善につながります。




■目の疲れの原因

・近視
・老眼
・斜視

■目が疲れやすい人は目を閉じた時に黒目が外を向く

私たちの目は常に真っすぐ前を向いていると思いがちですが、目が疲れやすい人の目では目を閉じてリラックスした時に黒目が大きく外を向いています。

■斜視が目の疲労の原因

目を閉じてリラックスした時に黒目が大きく外を向いている人の目では、前の物を見たりするときに目の周りについている筋肉を使って目を真っすぐに向けて見ています。
そのため黒目を内に寄せた状態を維持することになり、夕方ぐらいになると目が疲れて筋肉に震えが出てきたりして焦点が合いにくくなって見えるようになったりします。
これが目の疲労の原因になります。

■疲れやすい目かどうかのチェック

鉛筆と目隠し(スプーンなど)を用意します。
鉛筆を片手で持ち、目から約20cmのところまで離します。
鉛筆の先端を両目で見ながら片方の目を目隠しで隠します。
このとき隠した方の目もしっかり開けておきます。
5秒数えながら鉛筆を左右に動かします。
見えている方の目で鉛筆の先端を追いかけます。
5秒たったらゆっくり目隠しを外します。
このとき隠していた方の黒目の動きに注目します。
黒目が動いたら疲れやすい目になります。
ご自宅でチェックする際はスマートフォンで撮影して黒目が動いたかどうか確認するとよいです。

■1時間おきに1分間目を閉じて疲れ目を治す

1時間おきに1分間目を閉じて目を休ませることが疲れ目を治すことにつながります。
上記のような疲れ目の人は、目を開いている時には目の外の筋肉が疲れてきています。
これを休ませるために目を閉じて目の筋肉を休ませます。