汗は乾く時に身体から熱を奪って冷やしてくれるので濡れたTシャツをそのままにして乾きにくい状態になると逆に熱がこもってしまいます。
喉が渇く前にこまめに麦茶で水分補給が熱中症対策に効果的です。
寝室では風を直接身体にあてないようにして部屋全体に風を送るようにするとよいです。




■汗で濡れたTシャツは着替える

身体にこもった熱は汗が乾くと同時に放出され、それによって体温も下がります。
しかし濡れたTシャツを着たままだと体内の熱が逃げにくくなってしまいます。
Tシャツは速乾性や通気性の高い素材を選ぶとよいです。

■麦茶で水分補給

緑茶やコーヒーにはカフェインが入っています。
カフェインは体内の水分を尿によって出してしまう利尿作用があります。
麦茶にはカフェインがないため利尿作用がなく身体の水分を保持する能力が高いです。
また麦茶は汗で失ったミネラルも補給できるため熱中症対策におすすめです。

■喉が渇く前に水分補給する

こまめに摂ることで常に脱水を予防できます。
喉が渇いた時点で脱水は始まっています。
こまめに飲むことをこころがけましょう。

■車内のエアコン使用時の脱水に要注意

エアコンは湿度を下げるだけでなく乾燥させます。
私たちの身体は1日に皮膚から600cc、呼気から300ccの水分を失っています。
乾燥した空間は大量に水分を失うため気付かぬ脱水に要注意です。
汗をかいていなくても水分補給しましょう。

■豚肉で夏バテ予防

豚肉はビタミンB1が豊富で夏バテ予防に効果的です。
酸っぱい食べ物には発汗作用があり熱中症対策におすすめです。

■軽度の熱中症の症状

・手足のしびれ
・めまい
・立ちくらみ
・ほてり



■重度の熱中症の症状

・倦怠感
・吐き気
・頭痛
・汗のかき方が異常

一刻も早く休憩と水分補給が必要です。

■日傘で熱中症対策

直射日光を避けることで体温の上昇を防ぐことが可能です。

■ブドウ糖やクエン酸を摂る

ブドウ糖やクエン酸は分解されて吸収されやすく、すぐにエネルギーに変えることができます。
疲れが溜まって熱中症になるのを避ける効果が期待できます。
疲労回復・パフォーマンス向上には効果的です。

■首の血管を冷やす

素早く身体を冷やすには首前の両サイドを冷やすのがおすすめです。
皮膚の表面近くに太い血管が通っているので素早く血液を冷やすことができます。

■室内での熱中症発症場所

・リビング
・寝室
・トイレ

室内は日中受けた熱がこもりあついままとなっています。

■寝室での熱中症対策

扇風機は上向きで部屋全体に風を送るようにする。
下に溜まったエアコンの冷気を循環させる。
ベッドは窓付近を避ける。
熱を持つ電気製品をベッドから離す。
窓の外にすだれなどをかけ直射日光を部屋に入れないようにする。
よしずは窓から離して日陰を作り床に熱をためないようにします。
寝る前から部屋を冷やしておくとよいです。