コーヒーには様々な健康効果が期待されています。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸には糖質の吸収を抑えて脂質の代謝を促進してくれ、脂肪燃焼量が約2倍にアップする効果が期待されています。




コーヒーのカフェインには糖質や脂質が吸収されるのを防ぐ働きが期待されています。
コーヒーのカフェインには血管を広げて血流を良くし、脳卒中のリスク軽減、カゼの症状を緩和効果が期待されています。

■運動前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼量がアップ

クロロゲン酸やカフェインはコーヒー飲んだ後、約30分後くらいから効果が出てきます。
その後3時間後に脂肪燃焼効果がピークに達します。
その間に運動するのが良いとされています。
スポーツ選手でも運動前にコーヒーを飲む人がいるそうです。

夏は暑くて疲れてしまい、うどんやそうめんなどの炭水化物を食べる機会が増えてしまい太りやすくなります。
冷たい飲み物は甘さを感じないため、結構飲んでいると糖分を多くとりがちになります。
夏の暴飲暴食は糖尿病や動脈硬化などになりやすくなります。

■コーヒーを1日3杯飲むと脂肪燃焼量が約2倍にアップ

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が糖質の吸収を抑えながら脂質の代謝を促進してくれます。
コーヒーに含まれるカフェインがリパーゼといわれる脂肪分解酵素を活発にしてくれます。
このコーヒーのダブルの成分で脂肪燃焼量がアップします。

■食前のコーヒーで血糖値の上昇を抑える

食事に含まれる糖や脂質は胃や腸から血管に吸収されますが、量が多過ぎると血糖値を急上昇させて血管にダメージを与えてしまいます。
コーヒーのカフェインには胃や腸でも糖質や脂質が吸収されるのを防ぐ働きがあります。
そのため食前にコーヒーを飲めば血糖値の急上昇を防ぐことが期待できます。
ホットコーヒーでもアイスコーヒーでも血管に良い成分に違いはありません。



■コーヒーで脳卒中のリスクを軽減

毎日1杯のコーヒーを飲むことで脳卒中のリスクが約20%減るといわれています。
コーヒーに含まれるカフェインが血管を広げて血流を良くしてくれます。

カフェインには血管を広げる作用があり血流が良くなります。
また血液の中の脂質などの代謝を促進して血管が詰まるのを防ぐ効果もあります。

一度に多くのカフェインをとると、血管を収縮させる作用があり心臓に負担をかけることになります。
一度に多く飲まなければ体に良いパワーになります。

■脳卒中

汗をかくと血管の中の水分も減って血流が悪くなります。
血液の流れが悪くなると血管が詰まったり破れたりして脳卒中になります。

■コーヒーでカゼの症状を緩和

コーヒーに含まれるカフェインには気管支を広げる作用があり、咳止めの効果が期待できます。
カゼの症状を緩和させる作用があります。