緑茶には様々な健康効果が期待されています。
緑茶のカテキンで活性酸素を除去する抗酸化作用が期待されています。
緑茶3杯でレモン1個分に相当するビタミンCをとることができます。
緑茶のカテキンがウイルスに付着して粘膜への付着を防いでくれます。
緑茶にのカテキンには汗をかきやすくして体温の上昇を抑える効果が期待されています。
緑茶は水出しの方が免疫力アップが期待できる成分の割合が多くなります。



■緑茶を飲むと紫外線ダメージが25%減る

シミやシワができる原因の一つは紫外線による活性酸素です。
活性酸素が発生すると紫外線によってシミやそばかすが出来てしまいます。
緑茶のカテキンで活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できます。
カテキンはポリフェノールの一種で、カテキンは紫外線から身を守るための成分になります。

■外出前に緑茶を飲んで肌のダメージを減らす

緑茶に含まれるビタミンCは、緑茶3杯でレモン1個分に相当します。
紫外線対策には出かける前に緑茶を1杯飲むと良いそうです。

■夏カゼに要注意

夏カゼは治りにくく、長引くと呼吸器疾患に問題が出てきたり、放置して肺炎になったります。
夏のウイルス感染症は嘔吐や下痢を伴うものが多いです。
夏は汗をかいていたりして脱水の状態に傾きやすいので、そこに夏カゼがかぶってくると脱水で危険なことになるおそれもあります。
夏は冷房が効いた室内から一気に暑い外に出るなど寒暖差の影響が大きく、免疫力が下がりがちだといわれています。

■緑茶で夏カゼ予防

緑茶のカテキンがウイルスに付着して粘膜への付着を防いでくれます。
カゼ予防には緑茶を500ccほど飲むとよいといわれています。

■緑茶で熱中症予防

熱中症の原因の一つは暑さで体温が上がり、体の水分が失われることです。
緑茶に含まれるカテキンには汗をかきやすくなるため、体温の上昇を抑える効果が期待されています。
体温が上昇しないことは体の水分が失われるのを防ぐと考えられています。

お茶の中でも麦茶が熱中症予防に効果があります。
麦茶は利尿作用のあるカフェインがなく、ミネラルが豊富に含まれています。

■緑茶を水出しでいれると免疫力がアップする

通常緑茶を飲むときは70〜80℃で入れると美味しいといわれています。
免疫細胞を活性化させるためには冷たい水の方が良いといわれています。
水出しの方が免疫力アップが期待できる成分の割合が多くなります。