雨の日の首肩頭の痛みは耳の血行と関係があると考えられています。
内耳が敏感な人が気圧の変化を感じやすく天気痛になりやすいといわれています。
耳を温めて耳の血行を良くすることが天気痛の予防につながります。



■天気痛(てんきつう)について

天気痛(てんきつう)とは、晴れの日の高気圧から雨の日の低気圧に急激に気圧が変わることなどによって、もともとその人が持っている頭痛・めまい・肩こりなどの持病が誘発されて悪化する病気をいいます。
気圧の変化が一番起こりやすいのは梅雨の時期で、梅雨の時期に天気痛になる人が多いです。

■耳のが敏感な人が天気痛になりやすい

天気痛は気圧の変化を耳が感じ取ることで起こります。
人は気圧の変化を耳の奥にある内耳(ないじ)で感じ取っています。
内耳が敏感な人が気圧の変化を感じやすく天気痛になりやすいといわれています。

■血行の悪化で天気痛が起こる

古傷がある場所や頭痛が起きる場所は血行が悪くなっています。
内耳が敏感に気圧の変化を感じると交感神経が刺激されて全身の血管が急激に収縮します。
すると古傷や頭痛が起こる部分の血行がさらに悪化し、血管に炎症が起きて周囲にある痛み神経が刺激されることで痛みが出ると考えられています。

■耳を温めて天気痛を予防

耳を温めると耳の血行が良くなり天気痛の予防になります。
血行が悪いと内耳の機能が低下して気圧の変化を感じやすくなってしまいます。
そのため血行を良くすることが天気痛の予防になります。