脂質異常症は心筋梗塞や脳梗塞が起こる危険性が高まります。
コレステロールは身体に必要なものですが、摂り過ぎると悪影響を及ぼします。
中性脂肪が高い人はアルコールと糖質を控えることが大切です。




■脂質異常症について

脂質異常症とは、血液中の脂であるコレステロールや中性脂肪のバランスが乱れている状態をいいます。
潜在患者数も含めると日本人の4人に1人が脂質異常症といわれています。
脂質異常症自体には自覚症状がないですが、放置すると心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる危険性も高まります。

■脂質異常症の診断基準(空腹時)

脂質異常症の診断は、健康診断の検査項目にあるLDL-C、HDL-C、中性脂肪の数値を指標として診断されます。
どれか一つでも当てはまれば脂質異常症と考えられています。

・LDLコレステロールの数値が140mg/dL以上
・中性脂肪の数値が150mg/dL以上
・HDLコレステロールの数値が40mg/dL未満

■コレステロールについて

人間の体は細胞から成り立っていますが、細胞を包んでいる細胞膜の材料にコレステロールが使われています。
またコレステロールは肝臓で作られていて、身体の機能を保つホルモンや食べ物の消化吸収を助ける胆汁の材料にもなっています。
そんなコレステロールは血液に乗って全身に運ばれていきます。
その運び役がLDLとHDLになります。

LDLがコレステロールを全身の細胞に供給しますが、必要以上に細胞にコレステロールを供給してしまうこともあるため悪玉とも呼ばれています。
逆にHDLは余分に運ばれたコレステロールを回収してくれため善玉とも呼ばれています。
LDLとHDLがバランスよく働くことでコレステロールは一定に保たれています。
HDLの数値が低いとコレステロールを回収する働きが低下し、LDLの数値が高いとコレステロールを余分に運んでしまいます。
すると血管壁にどんどんコレステロールが沈着し、やがてプラークと呼ばれるコブが出来てしまいます。
もともとプラークは柔らかいので破れやすく、破れると血小板が集まり傷を修復します。
しかしその集まり方が多くなり血栓が出来てしまうと血管が詰まってしまい血液の流れが止まってしまいます。
心臓の血管が詰まると心筋梗塞が起こり、脳の血管が詰まると脳梗塞が起こります。

■コレステロールの多い食材

唐揚げなど脂質の多い食べ物はLDLコレステロールが増えやすくなってしまいます。
イカ・タコ・エビなどはコレステロールを多く含んでいます。
魚卵は特にコレステロールを多く含んでいます。



■飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

普段の生活で摂取される脂は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。
飽和脂肪酸は肉やバターなどの動物性脂肪に含まれる脂で悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
魚やナッツ類に含まれている不飽和脂肪酸は良質な脂なので摂取してもコレステロールに問題はないとされています。
マグロの中トロに含まれる脂は不飽和脂肪酸が含まれた良質な脂です。

■鶏卵のコレステロールについて

鶏卵はコレステロール以外に飽和脂肪酸も含まれています。
そのためLDLコレステロールが高い人は2日に1個ぐらいの摂取が目安となるそうです。
コレステロールの吸収は小腸で行われますが個人差があります。
卵の黄身の部分にコレステロールが多く含まれています。

■脂質異常症改善のポイント

LDLコレステロールが高い人は脂質やコレステロール(動物性の脂肪酸)の含有量が多い食材を控えた方がよいです。
HDLコレステロール(善玉)が低い人は総摂取カロリーを減らし、炭水化物の摂取量も減らすことが大切です。
喫煙するとHDLコレステロールが減少してしまうので禁煙が大切です。
有酸素運動にはHDLコレステロールを増やす働きがあるので効果的です。

■中性脂肪について

中性脂肪は分解されるとエネルギーの元になります。
私たちは中性脂肪を体内で燃やすことで活動するために必要なエネルギーを作っています。
しかし中性脂肪が必要以上に増え過ぎてしまうとLDLを超悪玉と呼ばれるものに変えてしまいます。
超悪玉は血管壁に入り込みやすくなり、プラークが徐々に成長して心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めてしまいます。

■アルコールと糖質を控えることが大切

中性脂肪の数値を上げやすいのが肉などの資質を多く含むものになります。
中性脂肪が高い人は焼酎や野菜ジュースなどは避けた方がよいそうです。
中性脂肪が高い人はアルコールと糖質を控えることが大切です。
アルコールや糖質は肝臓や筋肉・脂肪組織で中性脂肪に作り変えられます。
野菜ジュースには果糖やショ糖などが含まれているので要注意です。