現代人はサラダ油、コーン油、大豆油、ごま油などオメガ6脂肪酸の摂取量に比べて、エゴマ油、アマニ油、魚油、アザラシ油などオメガ3脂肪酸の摂取量が低くなっています。
小さじ1杯のエゴマ油・アマニ油を摂ることでオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスが良くなり、様々な健康効果が得られると期待されています。




近年、様々な油があるなかで魚油の摂取が減ってきているため、油の摂取バランスが悪くなることで心筋梗塞のリスクがアップしてきていることが分かってきています。
毎日スプーン一杯のエゴマ油を摂ると油の摂取バランスが良くなり心筋梗塞のリスクが下がるといわれています。
日本人のオメガ6脂肪酸を多く摂り過ぎているのでエゴマ油やアマニ油の摂取量を増やす必要があります。
ただし油は摂取バランスが大切なので、エゴマ油やアマニ油だけを多く摂ることは良くありません。

■アブラについて

アブラとは脂肪酸という分子が結合したものです。
あらゆる細胞の材料になったり、細胞同士の情報伝達に使われたりと、私達の体に欠かせない栄養素です。
アブラは様々な脂肪酸が混ざって出来ています。
どの種類の脂肪酸が一番多いかで飽和脂肪酸、オメガ9脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸の4種類に分類されます。
バター、牛乳、ココナッツオイル、パームオイルなど固体の脂である飽和脂肪酸を多く含むグループ。
オリーブオイル、なたね油、アーモンドオイル、米油などオメガ9脂肪酸を多く含むグループ。
サラダ油、コーン油、大豆油、ごま油などオメガ6脂肪酸を多く含むグループ。
エゴマ油、アマニ油、魚油、アザラシ油などオメガ3脂肪酸を多く含むグループ。
このうち飽和脂肪酸とオメガ9脂肪酸は体内で作ることができるので、必ずしも食べなければいけないアブラではありません。
オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は体内で作ることができないので、必ず摂らなければいけないため必須脂肪酸と呼ばれています。
オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は体の中で反対の働きをします。
オメガ6脂肪酸には血液を固める働きがあり、オメガ3脂肪酸には血液をサラサラにする働きがあります。
健康のためにはこの2つのアブラのバランスが重要といわれています。
今日本人のアブラの摂取量の平均は、オメガ6脂肪酸が9.6gに対してオメガ3脂肪酸が2.1gとなっています。
そこでエゴマ油を小さじ1杯足すとオメガ3脂肪酸が2gプラスされてアンバランスがだいぶ改善されます。

血液の凝固はオメガ6脂肪酸により促進され、オメガ3脂肪酸によって弱まります。
人の体は両者を必要としていますが、どちらか一方の過剰摂取は良くありません。
大事なのは2つの油のバランスです。
日本脂質栄養学界の推奨する比率は、オメガ6脂肪酸が2:オメガ3脂肪酸が1の割合とされています。
日本人の現状はオメガ6脂肪酸が5:オメガ3脂肪酸が1になっているといわれています。

毎日コツコツ飲んで摂取油のバランスを良くすることによって様々な健康効果が得られます。
1日小さじ1杯のオメガ3油で魚不足を補えば心血管疾患のリスクの低下も期待できます。



■油は種類によって働きが違う

バターやオリーブオイルなどの普通の油を食べた時、胃や腸を通って中性脂肪に合成されて肝臓に蓄えられます。
残ったものは肝臓を通過して血液をかいして皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。
使われなければ油は溜まってしまいます。

エゴマ油は肝臓に入ると中性脂肪の合成を阻害する働きがあります。
しかも肝臓を通過して血液をかいして皮下脂肪や内臓脂肪を燃やしてくれる働きがあります。
つまりエゴマ油は燃やして合成させないという働きがあります。

エゴマは内陸の寒冷地に多く生息するシソ科の植物です。
日本では縄文時代から栽培されていました。
エゴマの種をじっくり絞ればエゴマ油が出来ます。

■エゴマ油・アマニ油

エゴマ油・アマニ油は1瓶700〜1500円ぐらいで、毎日小さじ1杯で1ヶ月分になります。
無味無臭なのでいろいろな料理に合わせることができます。

ただしエゴマ油・アマニ油などのオメガ3は熱に弱くすぐ酸化してしまうので、炒め物や揚げ物など加熱する調理には使わない方が良いです。
みそ汁やコーヒーに入れるくらいの温度なら食べる直前に入れれば大丈夫だそうです。

保管場所は冷蔵庫がおすすめです。
開封したら1ヶ月を目安に使い切った方がよいです。

アブラは満腹感を持続させるため自然と食欲を抑える効果も期待できます。
太り過ぎてカロリー制限などがすすめられるような人は、食事の見直しや適度な運動も行った方がよいです。