痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

首のしびれ!頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

  • HOME »
  • 首のしびれ!頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)
しびれが手の指から始まり次第に広がっていく場合、その後筋力が低下して物を落としたりする場合、歩行が困難になってきた場合は、頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)の可能性があります。

スポンサーリンク


■頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)について

頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)とは、首の骨や靭帯などの変形により手足を動かす中枢神経である脊髄が圧迫される病気です。
首の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板は、加齢により除々に弾力を失って潰れていきます。
するとクッションの役目を果たすことができなくなり、骨同士が直接擦れ合って変形したり、不安定になった首の骨を支えるために靭帯が変形したりして脊髄を圧迫してしまいます。
これにより手や足にしびれが生じます。

脊髄の圧迫が進行すると手足が動かしにくくなり、動かせない筋肉はどんどん低下していきます。
すると上手く箸が使えなくなったり、文字が書けなくなったり、わずかな段差でつまずくなど生活に様々な支障が現れてきます。
脊髄の圧迫が非常に進行した状態で首に強い衝撃が加わると、脊髄が押し潰されるどころか、最悪手足が麻痺してしまう可能性もあります。

■指や腕のしびれは首の異常が疑われる

一般的に首に異常があると、指・腕・足といった首から下の様々な場所にしびれが起こります。
腰に異常がある場合、腰から下の足などにしびれなどの症状が現れることが多いです。
つまり首や肩、指や腕などの上半身がしびれる場合は腰に異常があることはほとんどなく、首に何らかの異常があることが高くなります。

■首のしびれを放置する危険性

首が原因のしびれを放置した場合、脊髄の圧迫が進行して危険な状態になることもあります。
しびれの範囲が広がり、しびれが段々強くなった場合は、危険なしびれのサインになります。
脊髄の圧迫が進行すると、手や足が動かせなくなることで運動力が低下して筋肉がどんどん落ちてしまいます。
その結果、気付かないうちに握力が低下して字が書けなくなったり、歩きにくくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

■頸椎症性脊髄症の早期発見法

立って行っても座って行ってもOKです。
両腕を前に真っ直ぐ出します。
10秒間で手を握ったり開いたりする動きを出来るだけ素早く行い何回できるか数えます。
このとき拳はしっかり握って、しっかり開くように意識して行います。

もし拳がしっかり握れなかったり、10秒間で20回以上出来なかったりした場合は、首に何らかの異常がある可能性があります。

■危険なしびれのポイント

・しびれの変化
・突然のしびれ
・長引くしびれ
・しびれと共に現れる症状

■首のしびれの名医(2014年6月時点)

三軒茶屋第一病院 整形外科部長
吉原 潔(よしはら きよし)先生

■狭心症(きょうしんしょう)による腕のしびれ!関連痛としてのしびれ
■糖尿病(とうにょうびょう)!糖尿病による手足のしびれ、手足の感染に要注意
■首の痛みについて!頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、後縦靭帯骨化症、ストレスや筋肉疲労が原因!
■首こり解消!姿勢・顎のズレ・枕・病気などが首こりの原因になります!首の痛み病気!
■肩こり解消!肩甲骨を大きく動かすことが肩こり解消のポイント!
■頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)転倒やつまずきは首の歪みや足の衰えが原因
■肩の病気と肩こりについて!
■首の傾きや歪みが原因の肩こり!頸部ジストニア、肩こり解消体操!
■TCHと肩こり!顎関節症を引き起こす原因、肩こり解消法!
■しびれ!脳梗塞の前兆TIA、減塩で高血圧を予防しTIAを防ぐ!

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.