痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)!転倒、つまずき

  • HOME »
  • 頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)!転倒、つまずき
頚部脊髄症は首の骨の歪みが脊髄の一部を繰り返し圧迫し脊髄自体が劣化し身体の様々な場所に症状が出る病です。転倒やつまずきは足の衰えや首の歪みが原因です。加齢による椎間板の弾力性の低下が頚部脊髄症、転倒、つまずきを起こします。

スポンサーリンク


■頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)について

頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)とは、首の骨の歪みが脊髄の一部を繰り返し圧迫することで脊髄自体が劣化し、身体の様々な場所に症状が出る病気です。
最悪の場合、身体が動かなくなってしまうこともあります。
首を反らしたときの骨のズレは元には戻りません。
手足に症状が出た場合には、すみやかに専門医を受診することが大切です。

■足の衰えが転倒やつまずきの原因

足の筋肉は30代を境に1年に1%ずつ筋肉量が減少していきます。
70代では若い頃に比べ40%も筋肉が減って筋力が大きく低下してしまいます。
つまずきや転倒の主な原因の一つは、加齢による筋力低下と言われています。

■首の骨の歪みが転倒やつまずきの原因

首の骨のズレは、知らずにしているある姿勢と密接に関係しています。
それは顔を上に向け首を反らす姿勢や猫背で顔を上げる姿勢です。
うがいをしたり、目薬をさしたりする時の首を反らす姿勢、背中を丸めているような状態で顔を持ち上げようとする姿勢は首に大きな負担となります。
首は骨と椎間板が交互に連なっています。
真ん中には脊柱管(せきちゅうかん)というパイプが通っていて、その中に脊髄(せきずい)という神経が通っています。
脊髄の太さは小指の先ぐらいあります。

■椎間板の老化で首の骨の歪み

正常な椎間板は水分を多く含んだ物質で弾力がありやわらかく、首の骨の衝撃を吸収してくれています。
弾力性のある正常な椎間板の場合、上を向いて首を反らした時も形を変えることで骨の位置を微妙に調節し、脊柱管や脊髄を圧迫しません。
しかし老化により椎間板の水分が少なくなり弾力性がなくなると、消しゴムのような硬さになり自由に形を変えられなくなってしまいます。
椎間板の老化は20代後半から始まります。
椎間板が老化して硬くなると首を反らしたときに形を変えることができないので、老化した椎間板の上の骨が横に歪んでしまいます。
すると骨同士によって脊柱管が狭くなり、脊髄が挟まった状態になってしまいます。
骨の歪みは姿勢を元に戻せば元に戻ります。
しかし首の骨のズレが繰り返し起こったり、首の骨のズレの程度が酷いと、脊髄自体が変化してしまうことがあります。
するとズレを元に戻した状態でも脊髄が障害された状態になり、姿勢を元に戻しても症状が出てしまうことがあります。
つまり首を反らすなどの姿勢を繰り返し行ったり、ズレた骨が脊髄を圧迫し続けると、脊髄自体が劣化し、骨で圧迫されていなくても圧迫されているのと同じような状態になってしまいます。
その結果、転倒やつまずきやすくなったり、手がしびれたりといった症状が起こります。

■首の骨のズレを予防する枕

首の骨のズレを予防するポイントは、自分に合った高さの枕を見つけることです。
そうすれば首への負担が減ります。

●首の骨のズレを予防する枕の作り方
玄関マットと大判のタオルケットを用意します。
いずれも毛足の短いしっかりした硬さの物を用意します。
玄関マットを3つの蛇腹折りにします。 角はしっかり揃えます。
玄関マットはタオルなどに比べ硬めですが、その硬さが程良い仕上がりになります。
タオルケットも3つの蛇腹折りにします。
向きを変えてさらに3つの蛇腹折りにします。
角をしっかりと揃えます。 玄関マットの上にタオルケットを乗せます。
床と垂直になるよう端を合わせます。
ここから枕を自分に合った高さに調節します。
枕に頭を乗せ、両手を胸の前に合わせヒザを立てます。
その状態で横を向きます。
このとき顔から足までが布団と並行になるよう枕の高さを調整します。
鏡を使えば1人でも確認できます。
枕が高いときは、タオルケットを1枚ずつ取りながら調節します。
最後に左右に寝返りえお打ってみて無理な力を入れずとも抵抗無く寝返りを打てていれば完成です。
カバーや布などで包めば崩れにくくなります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.