痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

正しい姿勢で腰痛改善!立っているとき、寝るとき、イスに座るとき、運転するときの正しい姿勢

  • HOME »
  • 正しい姿勢で腰痛改善!立っているとき、寝るとき、イスに座るとき、運転するときの正しい姿勢
正しい姿勢は腰痛改善のためにも大切です。立っているときの正しい姿勢は、おなかをへこまし、アゴを引き、頭を引き上げ、肩を自然に下げた姿勢です。寝るときの正しい姿勢、イスに座るときの正しい姿勢、運転中の正しい姿勢も腰痛改善のために大切です。

スポンサーリンク


■正しい姿勢による腰痛改善効果

正しい姿勢を取ることは腰痛を予防する点からも、治療する点からも重要ことです。
ただし正しい姿勢といってもリラックスした姿勢が良いとはいえません。
リラックスした姿勢を取ると、頭が前方に傾き重心がズレてしまいます。
すると特定の部位に負荷がかかり背中や腰に疲れがあらわれてしまいます。
私達の背骨は横から見ると、ゆるやかなS字形に彎曲しています。
このおかげで体にかかる衝撃や負担をやわらげることが出来、また柔軟性も生まれています。
正しい姿勢は、この背骨の彎曲が強すぎもせず弱すぎもせず、ほどよくバランスが取れている状態といえます。
決して直立不動の姿勢やだらしなくリラックスした姿勢がよいわけではありません。
正しい姿勢を身につけるには大変な努力が必要です。
悪い姿勢はすぐに見に付いてしまいますが、正しい姿勢を身につけるにはかなりの努力と忍耐が必要になります。
しかし腰痛改善のためには正しい姿勢が重要です。
自然に正しい姿勢が取れるようになるまで行うことが大切です。

■立っているときの正しい姿勢

●おなかをへこます
腹筋を少し力を入れる気持ちでおなかをへこまします。
すると自然に背骨が伸びやすくなります。
腹筋がゆるんでいると背中が丸まってしまいます。

●アゴを引く
アゴを出した姿勢はだらしなく、また背骨のS字形の彎曲をゆがめてしまうことにもなります。
アゴを引くとS字彎曲が自然な形になります。

●頭を引き上げる
自分の頭を上方に引き上げると、上体が自然な形になります。
頭のてっぺんを、糸で上に引っ張られるようなイメージで行うと簡単にできます。
●両肩を自然に下げる
両肩を自然に下げましょう。
肩を怒らすと、上体に不要な力が加わってしまいます。
この余計な力が疲労の原因ともなって背中や腰を痛めてしまいます。

スポンサーリンク

■壁を使って正しい姿勢

壁を背にして自然に立ったとき、頭・肩・お尻・かかとの4カ所が壁に付く姿勢が理想的な姿勢になります。
猫背の人は肩が壁に付かず、お腹が突き出たり腰が反っている人は腰と壁に隙間が出来てしまいます。
意識して壁につくようにすると、自然に胸が開きます。
おへそとお尻に力を入れ壁に腰を近づけましょう。
悪い姿勢が身に付いてしまっている人は、本来使うべき筋肉や関節が硬くなり、筋力も衰えている可能性があります。
正しい姿勢を維持するだけで疲れてしまうかもしれませんが、身に付くまで続けて行うようにしましょう。

■寝るときの正しい姿勢で腰痛改善

一生の三分の一は寝て過ごすため、寝ている間の姿勢も健康に大きな影響を与えます。
基本的には仰向けで寝るのが良いですが、腰に痛みがあるようならばヒザの下にクッションを入れるなどして、ヒザを少し曲げた状態を保つと痛みが軽くなります。
横向きになってヒザとヒザの間にクッションや抱き枕を挟んで寝ても痛みが軽くなります。
逆にうつ伏せで寝るのもよくありません。
うつ伏せの姿勢は、腰が反り返って腰椎の前彎が強くなり、腰痛を起こしやすくしてしまいます。
どうしてもうつ伏せでないと眠れないときは、お腹の下にクッションを入れ腰を反らせ過ぎないようにしましょう。
寝具は沈み込みが少ない物の方がよいです。
お尻が沈み込むと筋肉が不自由に伸びてしまい、寝返りが打ちずらいために腰に負担をかけてしまいます。
硬過ぎる布団は腰が反り過ぎてしまい、腰への負担がおおきくなってしまいます。

■イスでの正しい姿勢で腰痛改善

イスに座る姿勢は注意しないと腰痛の原因にもなりがちです。
良くないのはふかふかのイスで、お尻が沈み込んで腰への負担が大きくなってしまいます。
デスクワークをする際には、座り心地が硬く感じるくらいの方がデスクワーク向きです。
ただあまり硬すぎても逆に腰が痛くなってしまうので、ほどよい硬さのクッションのイスを使いましょう。
イスの高さは腰掛けたときに、ヒザの曲がる角度がほぼ直角になる高さになります。
足がぶらつくようでは高過ぎなので、かかとまで床につく高さにしましょう。
背もたれは、ほぼ直角で動かない背もたれがよいです。 背中をもたれさせるものは背骨の彎曲を招き腰痛の原因になります。
背もたれは肩あたりまで届く高さが理想です。
正しい姿勢で座ったとしても長時間の座りっぱなしは腰痛の原因ともなります。
適度に休憩を取り、伸びやストレッチングをして予防しましょう。

■運転中の正しい姿勢で腰痛改善

同じ姿勢を強いられる車の運転は、長時間に及びがちなので注意が必要です。
シートには深く腰掛けお尻をシートの角に収めます。
背もたれとお尻の間に隙間ができないように腰掛けます。
背面のシートを起こし気味にして、背中がついた状態から足の曲げ伸ばしに余裕がある位置まで座麺シートの位置を調整しましょう。
背面のシートを倒し過ぎると背中が反ってしまいます。
ハンドルを握るときの角度は120度くらいになるようにします。
ハンドルに近づき過ぎると猫背になり、遠すぎると腰が反ってしまいます。
運転時は体全体で揺れを受け止めるようにすると運転時の疲労が軽減されます。
長時間の運転をするときは適度に休憩を取り、ストレッチなどを行い腰痛を予防しましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.