痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

立って行う腰痛体操

  • HOME »
  • 立って行う腰痛体操
立って行う腰痛体操をご紹介いたします。立ちながら手軽にできます。

スポンサーリンク


立って行う腰痛体操1
立って行う腰痛体操1
気を付け の姿勢をとり両手をお尻に当てます。
お尻を絞めます(腹横筋に負荷をかけやすくします)
足を肩幅よりも広く開きます(腰・骨盤につながる腹横筋をひっぱりやする)
鼻から息をゆっくり吸いながら、腰を深く落とします。
(しっかりお腹をふくらませ腹横筋を動かします)
口から息をゆっくり吐きながら、ゆっくり腰を上げます。
(このときしっかりお腹をへこませます)
ポイントは腹式呼吸をしながらお腹をふくらませたりへこませたりすることです。
深い呼吸(腹式呼吸)と上下運動により腹横筋を伸縮させ柔軟性を復活させます。
腰に痛みや張りがある方は腰を落とさず、呼吸法だけを行うようにします。
1回に3分間 朝・昼・晩の1日3回行います。
立って行う腰痛体操2
立って行う腰痛体操2
両足を肩幅ほど開いて、
背筋を伸ばしたまま、
息を吐きながらひざを曲げて腰を落とす。
その際かかとを床から離さないようにする。
腰を落とした姿勢で5秒ほど停止、
息を吸いながらひざを伸ばして元の姿勢に戻る。
これを数回繰り返します。
立って行う腰痛体操3
立って行う腰痛体操3
立った姿勢で右足を左足の左前に移し、両足を交差させる。
腰をゆっくり曲げていきます。
出来る範囲で曲げてその状態で5秒ほど停止。
ゆっくり体を起こします。
これを左右交互に繰り返します。
立って行う腰痛体操4
立って行う腰痛体操4
少し壁から離れた位置で立ち、
片足を後ろに引いて、両手で壁を押します。
かかとが床から離れないようにします。
ふくらはぎ、アキレス腱が伸びている感じで、無理をせず行います。
これを左右交互繰り返します。
スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.