痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

神経ブロック療法!硬膜外ブロック療法、神経根ブロック療法

  • HOME »
  • 神経ブロック療法!硬膜外ブロック療法、神経根ブロック療法
神経ブロック療法は、注射により局所麻酔薬を神経組織に直接作用させて痛みを抑える治療法。

スポンサーリンク


■神経ブロック療法について

神経ブロック療法とは、注射により局所麻酔薬を神経組織に直接作用させて痛みを抑える治療法です。
神経ブロック療法は保存療法の一つで、痛みの情報が中枢に伝わるルートを遮断する療法です。
消炎鎮痛薬などを用いても治まらない強い痛みが続く時に有効な場合があります。
局所麻酔薬や造影剤にアレルギーがある人には行えません。
痛みの原因が明らかで、消炎鎮痛剤などを使用しても十分な効果がなく、痛みが激しかったり、慢性化して痛みがなかなか治まらない、再発を繰り返すといったときに用いられます。
主な療法としては硬膜外ブロック療法や神経根ブロック療法などがあります。
1回の神経ブロック療法で痛みが消える人が多いですが、5回10回と繰り返しているような人は別の治療法を考える必要があります。
人によっては効果がでにくい場合もあります。
整形外科やペインクリニックで行います。

■硬膜外ブロック療法

局所麻酔薬とステロイド剤を混ぜた薬を、硬膜外腔や神経根に注射します。
痛みや炎症を起こしている患部周囲に薬を入れるので即効性があります。
硬膜外ブロック療法には、仙骨硬膜外ブロック療法と腰椎硬膜外ブロック療法があります。
仙骨硬膜外ブロック療法では、お尻の真ん中にあたる仙骨のすきまに注射して薬剤を注入します。
腰椎硬膜外ブロック療法では腰椎部に注射します。

■神経根ブロック療法

硬膜外ブロック療法が痛んだ神経根以外の神経根にも作用するのに対し、神経根ブロック療法は痛んだ神経根だけを狙い撃ちする神経ブロックです。
神経根ブロック療法はX線透視をしながら痛んだ神経根だけをブロックします。
この治療はどの神経根が痛んでいるかを探ることもできるため、診断を兼ねて行うこともあります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.