痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

医師や看護士の腰痛改善ポイント

  • HOME »
  • 医師や看護士の腰痛改善ポイント
医師や看護士は中腰の姿勢や長時間の立ち姿勢が多く腰痛を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク


■医師や看護士の腰痛

医療に携わる人仕事は意外に重労働になります。
患者さんの看護や介護は中腰の作業が多く、腰痛で悩んでいる人が多くいます。
医療に携わる人の中でも看護士が腰痛になる確率は非常に多いです。
患者さんの看護ために中腰になったり、移動のために患者さんを持ち上げたりすることも多く、腰に負担がかかってしまいます。
看護士さんは夜勤などで不規則な生活を送りがちで、睡眠不足やストレスなども加わり腰痛になりがちです。
小児病棟の患者さんには子供が多いため中腰の姿勢が多くなってしまいます。
手術の際には手術の助手を行うため、長時間の立ち姿勢が多くなってしまいます。
小児病棟や外科病棟の看護士は、腰痛を引き起こしてしまう危険性が高くなっています。
看護士の多くは腰を前に屈めてはいけない腰痛、前屈障害型腰痛です。

■医師や看護士の腰痛改善

腰痛の治療としては、中腰や腰を前に曲げる姿勢を極力裂け、腰椎の生理的な彎曲保つようにすることが必要になります。
中腰の姿勢にならないようヒザを使い、立てヒザをしたりしてヒザをうまく使う必要があります。
低い位置で作業をするときもヒザをついて行うと背筋が伸びて腰痛改善につながります。
ベットで患者さんを動かすときもヒザを乗せたりし、患者さんに近づいて行うと腰痛改善につながります。
立って作業をするときも、高めの机を使い背筋を伸ばして行うと腰痛改善につながります。

■腰痛改善のために

重い物を持ち上げるときは、腰を踏ん張って腕の力だけで持ち上げることは危険です。
重い物を持ち上げるときは、ヒザ関節と股関節を利用しましょう。
腰を前に曲げてるのは危険です。

■重い物の持ち上げ方

重い物を持ち上げるときは、まず持ち上げる前に自分の体を物に近づけます。
次に片方のヒザを落として物をつかみます。 腹筋と背筋に力を入れ腹圧を高めます。
その姿勢からさらに少し腰を落とします。
腰とヒザを使って、物をへそより少し下の位置まで持ち上げます。
物は決して体から離さず、腹に沿わして持ち上げます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.