痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

重い物を扱う人の腰痛改善ポイント

  • HOME »
  • 重い物を扱う人の腰痛改善ポイント
重い物を扱う人は、腰に過度な負担がかかるため腰痛になる人が多くいます。

スポンサーリンク


■重い物を扱う人の腰痛

重い物を扱う人は、腰に過度な負担がかり腰痛になりやすいということがあります。
重い物を持ったり、運んだり、中腰の姿勢で重い物を動かしたりする人は腰痛にならないように気をつける必要がります。
建設現場で作業をする人、荷物の集積現場で作業する人、長距離トラックの運転をする人、重い荷物を持ったり運んだりする人などは慢性の腰痛や重症化した腰痛で悩んでいる人が多くいます。
重い物を扱うとき、腰の組織に強い負荷がかかって筋肉が不自然に収縮し、血流も障害されます。
そのため老廃物が筋肉に滞り、ますます痛みが悪化してしまいます。
普通の人でさえ、物を持ち上げるときに腰を痛めて急性腰痛・ぎっくり腰を引き起こすことがあります。

■重い物を扱う人の腰痛改善

重い物を持ち上げるときは、腰を踏ん張って腕の力だけで持ち上げることは危険です。
重い物を持ち上げるときは、ヒザ関節と股関節を利用しましょう。
腰を前に曲げてるのは危険です。

■重い物の持ち上げ方

重い物を持ち上げるときは、まず持ち上げる前に自分の体を物に近づけます。
次に片方のヒザを落として物をつかみます。
腹筋と背筋に力を入れ腹圧を高めます。
その姿勢からさらに少し腰を落とします。
腰とヒザを使って、物をへそより少し下の位置まで持ち上げます。
物は決して体から離さず、腹に沿わして持ち上げます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.