痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

農家や畜産をする人の腰痛改善ポイント

  • HOME »
  • 農家や畜産をする人の腰痛改善ポイント
農業や畜産分野でも機械化てはいますが、中腰での作業が多く腰痛に悩んでいる人が多いのが現状です。

スポンサーリンク


■農家や畜産をする人の腰痛

農業や畜産分野でも機械化が進み、作業環境が改善され以前よりは楽になってきてはいますが、中腰での作業もまだまだ多くあり腰痛に悩んでいる人の多くいます。
前屈や中腰での作業が多いことで、他の産業にくらべ農業分野で腰痛を起こす人は多くいます。
また農作業などは前屈や中腰の姿勢を長期間行っていたことが原因となっているため、一度腰痛になるとなかなか治らないという人が多くいます。
狭いビニールハウス内での作業は中腰の姿勢が基本となってしまいがちです。
酪農では搾乳作業、牛舎・豚舎の清掃、家畜の管理作業は中腰で行うことが多くなります。
農業や酪農では腰を前に曲げる動作、物を持ち上げる動作、腰をひねる動作が多く、またその動作を何度も繰り返すことが日常的になってしまっています。
農業従事者の多くは、腰を前に屈めては行けない腰痛、前屈障害型腰痛が多いことがあげられます。
長期間の前屈動作により、腰椎が前屈したまま固定してしまった状態になると治療も難しくなってしまいます。
そのため背筋は伸び切ったゴムのような状態になり、頑固な慢性腰痛になってしまうことが多いです。

■農家や畜産をする人の腰痛改善

腰痛改善のためには、日常の作業時の全ての姿勢や動作において腰への負担軽減を行うことが必要です。
農家や畜産をする人の腰痛は慢性になりがちです。
若いうちから正しい姿勢と正しい動作を心がけ腰痛予防を行いましょう。
作業の途中であっても適度な休憩を取り、腰をゆっくり伸ばしたり、ストレッチを行ったりして血流の悪化を改善しましょう。
腰痛改善のため作業環境の改善も考えると効果的です。
仕事から離れた日常の生活での姿勢や動作においても気を付けることも大切です。
体操や運動を行い、仕事では使わない筋肉も鍛えるようにしましょう。
物を持ち上げるときはヒザを曲げを利用し、物を体に接触するようしましょう。
重い物は、背中に背負うか、小分けにして両手にバランスよく持ちましょう 。
台車を使って物を運ぶようにしましょう。
下にある物を持ち上げるときはヒザをついて持ち上げましょう。
高い場所にあるものを取るときは、背伸びをしないで踏み台を使いましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.