痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

後屈障害型腰痛について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 後屈障害型腰痛について!原因、症状、治療法
腰を後に反らせてはいけない腰痛です。下肢の痛みやしびれなど。

スポンサーリンク


■後屈障害型腰痛について

後屈障害型腰痛とは、腰を後に反らせてはいけない腰痛になります。
後屈障害型腰痛には、加齢に伴う脊椎の変性が原因である椎間関節障害、老化による脊椎変化が原因の変形性脊椎症、下肢痛を伴う腰痛のひとつ腰部脊柱管狭窄症、スポーツ障害の脊椎分離症・脊椎すべり症、などの脊椎の疾患の多くが含まれます。
腰椎分離症は自覚症状としてスポーツで疲れたり、勉強などで同じ姿勢を続けていたりすると腰痛が起こります。

■後屈障害型腰痛の症状

・痛くて腰を後ろに反らすことができない
・腰を後ろに反らすと腰がより痛くなる
・腰痛と共に腰や下肢にしびれがある
・高齢者に多い

軽症の場合は多少腰を後ろに反らすことはできますが、腰を後ろに反らすとさらに痛みが強くなるなどの症状があります。
下肢の痛みやしびれなどの神経症状を合併することがあります。

■後屈障害型腰痛の原因

後屈障害型腰痛の原因としては、加齢、疲労、外傷などがあります。
不用意に腰を反らしてしまった、腰をひねる動作をしたなどが腰痛のきっかけになることが多くあります。

■後屈障害型腰痛の治療法

後屈障害型腰痛の治療としては、痛みが強いときは消炎鎮痛剤の服用し、けん引などの理学療法を行います。
その他にもコルセットの装着、腰痛体操を行うなどがあります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.