痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

座骨神経痛について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 座骨神経痛について!原因、症状、治療法
腰痛症の中で下肢の傷みを伴った腰痛を座骨神経痛になります。

スポンサーリンク


■座骨神経痛について

腰痛症のなかでも下肢の傷みを伴った腰痛を座骨神経痛といいます。
腰椎、お尻、太ももの後ろ、膝、ふくらはぎ、足の先までいっている末梢神経の坐骨神経痛が、圧迫されたり刺激されたりすることにより、片側の臀部、大腿の後面、ふくらはぎ、かかとやくるぶし、足のうらの方にまで痛みが起こります。
座骨神経痛とは、腰が痛いだけではく、足の痛み、しびれ、長い時間歩く事ができないなどの症状が現れる腰痛です。
腰痛の原因によっては、腰の痛みの他に、臀部や下肢に響くような傷みやしびれ、時には下肢の麻痺などの症状が現れることがります。

■座骨神経痛の症状

症状としては、軽い痛みの症状や、しびれなどの知覚障害、重い麻痺などがあります。

■座骨神経痛の原因

多くは腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症により起こりますが、他にも腰椎腫瘍、カリエス、骨盤の腫瘍、前立腺のガンなどが原因になっていることもあります。

■座骨神経痛の治療法

急性の痛みが強いときは、安静にして鎮痛剤を使いながら経過観察になります。
痛みが激しいときは、局所麻酔を注射する硬膜外ブロックや神経根ブロックを行います。
効果が得られない場合は手術療法を検討します。
痛みが治まってきたら、温熱療法、牽引療法、運動療法、装具療法などの保存療法を行います。
まず原因となっている疾患をはっきりさせ、その治療をすることが大切になります。
中年以上の人の場合、急に重い物を持ち上げたりすると、椎間板ヘルニアから座骨神経痛が起こりがちなので注意が必要です。
無理をせず、自分の痛みの原因を知り時分の症状に合った治療を行っていきましょう。

■座骨神経痛で気をつけるポイント

長時間同じ姿勢をとらない。
重い物に気をつける。
中腰の姿勢に気をつける。
規則正しい生活。
バランスのとれた食事。
適度な運動。
ストレスをためない。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.