痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

脊椎炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 脊椎炎について!原因、症状、治療法
脊椎炎(せきついえん)は細菌感染により脊椎に炎症が生じてせきついが破壊される病気。

スポンサーリンク


■脊椎炎(せきついえん)について

脊椎炎(せきついえん)とは、細菌感染により脊椎に炎症が生じて脊椎が破壊される病気です。
脊椎炎(せきついえん)には激痛が急激に襲う化膿性脊椎炎と、慢性の腰痛や背部痛で始まる結核性脊椎炎(脊椎カリエス)があります。
化膿性脊椎炎は、脊椎が黄色ぶどう球菌などの化膿菌が脊椎に感染して起こります。
急性に発症して激しい痛みと発熱が起こります。
菌により腰椎が破壊され激しい痛みが起こり、脊椎を前後に曲げることが難しくなります。
硬くなった部分を叩くと痛みを生じ、破壊の程度により硬さや痛みの程度が変わってきます。
安静にしていても、寝ていても疼痛がかおさまらず、細菌の種類によっては慢性化する場合があります。

■結核性脊椎炎(脊椎カリエス)

結核菌が血流を介してせきついに転移して発症する結核性脊椎炎(脊椎カリエス)は、破壊の進行は遅く、腰痛の症状が軽くて慢性状態となります。
結核性脊椎炎を放置していると、せきついの破壊と変形を起こして下半身の麻痺や排便・排尿障害が生じることがあります。
症状が軽く慢性化しやすいため、発見したときには手術が必要になっていることがおおくあります。

■脊椎炎の治療法

せきついえんの治療としては、安静と抗生物質の投与が基本となります。
結核性脊椎炎(脊椎カリエス)ではストレプトマイシンなどの抗結核剤を投与します。
薬物療法で痛みが抑えられない場合は、手術により病巣を切除し、自家骨移植を行うことになります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.