痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

腰椎椎間板ヘルニアについて!原因、症状、治療法!ラブ法、経皮的椎間板摘出術

  • HOME »
  • 腰椎椎間板ヘルニアについて!原因、症状、治療法!ラブ法、経皮的椎間板摘出術
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し腰痛を引き起こす病気。腰椎椎間板ヘルニアの治療法は保存療法が基本。

スポンサーリンク


■腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が飛び出して神経が圧迫され腰痛を引き起こす病です。
背骨(脊椎)は椎骨(ついこつ)という骨が縦に重なって構成されています。
椎骨と椎骨の間には弾力性のある組織「椎間板」があります。
椎間板の中央はゼリー状の組織「髄核(ずいかく)」でできていて、そのまわりを繊維輪という組織が木の年輪のように幾重にも囲んだ構造になっています。
腰椎椎間板ヘルニアは、繊維輪に裂け目が生じ中から髄核が飛び出し、背骨を走っている神経に触れることで激痛が起こります。

■腰椎椎間板ヘルニアの症状

・下肢痛
・座骨神経痛
・下肢に響くような痛みやしびれ
・下肢の筋力低下
・排尿障害
・排便障害

腰椎椎間板ヘルニアは第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎と仙骨の間に多く発症します。
この間を通る神経根は座骨神経につながっているため、下肢に痛みが生じ座骨神経痛を引き起こします。
痛みやしびれは片側に多くあらわれるます。
人によっては神経に触れても痛みがあらわれないこともあり、症状に慣れてしまう人もいます。
腰椎椎間板ヘルニアが進行すると、運動障害、下肢の筋力低下を引き起こすこともあります。
ヘルニアが神経の束である馬尾神経を刺激すると、便意をもよさない、尿が漏れるなどの排尿障害や排便障害を引き起こすこともあります。
ただし放置して障害が残ってしまうこともあるので、気になる症状がある人は整形外科を受診しましょう。
前屈みの姿勢になると椎間板の内圧が高くなり、ヘルニアが後方の神経根を圧迫刺激し痛みやしびれが生じます。
症状が慢性的になることが多く、ヘルニアが自然吸収されて症状があらわれなくなるなることもあります。

■椎間板が破れる原因

・椎間板内の圧力が高まるため
・加齢などにより髄核の水分が減って弾力性がなくなるため
・激しいスポーツ
・長時間の重労働
・無理な姿勢

日々の生活の中で大きな負担のかかる姿勢を取り続けていると、椎間板の繊維輪に傷が生じたりします。
そしてさらに負担をかけていくことで小さな傷もどんどん増えていき、何らかのきっけで椎間板が破れ腰椎椎間板ヘルニアを発症します。

スポンサーリンク

■ヘルニアの4つのタイプ

腰椎椎間板ヘルニアは4つのタイプに分かれます。

●膨隆タイプの腰椎椎間板ヘルニア
髄核が繊維輪を押し出して突出させている状態。

●脱出タイプの腰椎椎間板ヘルニア
髄核が繊維輪を突き破って飛び出ている状態。

●穿破脱出タイプの腰椎椎間板ヘルニア
髄核が繊維輪と後縦靭帯を破って脱出ている状態。

●遊離脱出タイプの腰椎椎間板ヘルニア
飛び出した髄核が遊離し移動してしまっている状態。

■腰椎椎間板ヘルニアの診断

最初に問診を行います。
前屈や後屈、ひねったりし可動域や痛みが生じる姿勢などをみます。
腱反射、感覚検査、筋力低下調べます。
X線検査で骨の異常などを調べ、MRI検査で骨だけではなく軟骨や神経、ヘルニアの状態を調べ腰椎椎間板ヘルニアを診断します。

■ヘルニアの自然吸収

大きなヘルニアほど自然に収縮するとされています。
髄核が飛び出したヘルニアは炎症が強いですが、炎症反応が強いと白血球の中のマクロファージが活発に働いてくれるようになります。
マクロファージは異物を食べる働きをもつことから、飛び出した髄核を異物とみなし食べて吸収してしまうと考えられています。

■保存療法による腰椎椎間板ヘルニアの治療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療は保存療法が基本となります。
痛みが激しい急性期は、腰に負担をかけずに楽な姿勢で安静にします。
痛みが強い場合は、痛みを静める非ステロイド消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、軟膏、座薬、湿布などの薬物療法を行います。
障害されている神経の周囲に局所麻酔薬とステロイド薬を注射する神経ブロックも効果的です。
慢性の痛みには温熱療法やけん引療法で痛みの軽減をはかりましょう。
コルセットなどは長期間の使用で筋力低下を招くこおtもあるので注意が必要です。

■手術療法による腰椎椎間板ヘルニアの治療法

保存療法を行っても腰椎椎間板ヘルニアの改善がみられなかったり、強い麻痺、しびれなどの神経障害、下肢の筋力低下、排尿障害、排便障害がひどいようであれば手術療法により腰椎椎間板ヘルニアの治療を行います。
術後痛みが治まってきたら、腹筋や背筋アップを行いましょう。
水泳や水中歩行は椎間板に負担をかけず筋力アップが期待できます。

●ラブ法(腰椎椎間板ヘルニアの治療法)
ラブ法とは、腰を切開し腰椎に穴を開け、神経を圧迫しているヘルニアを取り除く手術になります。
手術時間は1時間程、全治率は90%、退院まで3週間ほどになります。

●経皮的椎間板摘出術(腰椎椎間板ヘルニアの治療法)
4~5mmほどの切開創から細い管やレーザーなどを用いてヘルニアを取り除く手術になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.