痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

特発性骨壊死!特発性骨壊死の原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 特発性骨壊死!特発性骨壊死の原因、症状、治療法
特発性骨壊死(とくはつせいこつえし)は、歩く時や立ち座りの動作をするときに膝に痛みを感じる病気。

スポンサーリンク


■特発性骨壊死(とくはつせいこつえし)について

特発性骨壊死(とくはつせいこつえし)とは、歩く時や立ち座りの動作をするときに膝に痛みを感じる病気です。
変形性膝関節症と良く似た病で、中高年の女性に多く見られ、膝を動かすとゴリゴリと音がします。
変形性膝関節症と非常に良く似た病のため判別しにくいですが、X線検査やMRI検査によって骨の壊死が分かります。

■特発性骨壊死の原因

特発性骨壊死(とくはつせいこつえし)は、大腿骨の膝関節面に血行障害が起こり、骨が一部壊死することで発症します。
まだ詳しいことはよく分かっていない状況です。
壊死する部分は直径約1~2cm、深さ約0.5~2cmくらいの大きさになります。
進行するとこの部分の骨が破壊され関節面が一部へこんだ状態になります。

■特発性骨壊死の症状

・膝を動かすとゴリゴリ音がする
・動くときに痛む
・夜間でも激しい痛みがある

関節にかかる力のバランスが悪くなって股関節から膝にかけて痛みが起こります。
特徴としては夜間の安静にしているときに痛みが強く起こることです。
あるいは歩いているときに急に痛みが起きる場合もあります。

■特発性骨壊死の治療法

特発性骨壊死の治療法としては、基本的には保存療法が中心となります。
早期の診断と早期の治療が大切になります。
消炎剤により痛みを取ると共に、膝にできるだけ力が加わらないように安静にします。
保存療法で改善が期待できないときは手術療法が検討されます。
治療しないで放置すると、二次性の変形性膝関節症に進行していきます。
進行してしまった場合、変形する恐れがある場合は、これを矯正する手術が必要になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.