痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

慢性関節リウマチについて!滑膜切除術

  • HOME »
  • 慢性関節リウマチについて!滑膜切除術
慢性関節リウマチは、足首、股関節、肩、ひじ、手首、湯の関節など全身の関節が痛くなる病気。慢性関節リウマチは免疫の異常が大きな原因の一つ。

スポンサーリンク


■慢性関節リウマチについて

慢性関節リウマチは、足首、股関節、肩、ひじ、手首、湯の関節など全身の関節が痛くなる病気です。
症状が左右に現れるのが特徴で、手足以外の隅々の関節にまで炎症が現れます。
慢性関節リウマチは女性の方が男性よりも多く、20代~40代に多い病気です。
慢性関節リウマチは、左右両方の膝に症状が現れます。
関節以外にも、微熱が続く、体が疲れやすい、食欲がなくなる、貧血で鉄剤を飲んでも効かない、目の違和感、動悸、息切れ、全身のむくみ、口内炎、など多くの症状が存在しています。

■慢性関節リウマチの原因

慢性関節リウマチの原因はまだはっきりとは分かっていませんが、免疫の異常が大きな原因の一つと考えられています。
私達の体は細菌やウイルスが体内に侵入してくるとそれを排除してくれています。
この体の防衛機能を免疫といいます。
私達の体内では、生まれつき体内にあったものを自己、そうでないものを非自己として区別しています。
体内に侵入してきた非自己に対して体は抗体(こうたい)と呼ばれる対抗物質を作りそれを記憶します。
再び同じ非自己が侵入してくると抗体が結びついて排除しようとします。
この抗体と結びつく非自己を抗原(こうげん)といい、抗原と抗体が結びつく現象を抗原抗体反応、あるいは免疫反応と呼ばれます。
体の健康を守っている免疫反応は、自己に対しては原則的に抗体を作りません。
しかし体の構成成分(タンパク質)を非自己と錯覚して抗体を作ってしまうことがあります。
この抗体を自己抗体といい、この抗体との間で起こる抗原行程反応を自己免疫といいます。
その結果起こる病気を自己免疫疾患といいます。
慢性関節リウマチは自己免疫疾患のひとつと考えられています。
慢性関節リウマチの患者さんの血液をしらべると自己抗体の一種である特殊なタンパク質が見つかっています。

スポンサーリンク

■慢性関節リウマチの症状

慢性関節リウマチの最初の症状は、手指や手首のしびれやこわばりで現れます。
朝起きたときに指がこわばって動かないことが多く現れます。
こわばりは少し時間が経つと消えてしまうので、その後放置してしまう人がほとんどです。
進行すると膝、ヒジ、肩、脊椎、股関節、足首など様々な場所の関節組織に炎症が生じます。
身体を動かすときだけではなく、安静時にも痛みが襲ってきます。
ひどい場合には身体を動かすことも出来ないほど関節が破壊され、寝たきりになってしまうこともあります。
変形性膝関節症では休んでいれば膝は痛みませんでしたが、慢性関節リウマチは休んでいても痛みは取れません。
現在では治療法が進歩し、初期の段階で発見することができれば改善の効果が期待できます。
初期の段階での症状を見逃さないようにすることが大切です。
急に物を落としやすくなった、指先を使った作業がうまく出来い、手指の感覚が鈍いなどの症状が現れたら、慢性関節リウマチの可能性があります。
放置せずに医師の相談を受けましょう。

■慢性関節リウマチの治療法

慢性関節リウマチの治療法としては保存療法と、慢性関節リウマチそのものを治すための根本治療が必要になります。
慢性関節リウマチの保存療法としては薬物療法、温熱療法、運動療法、装具療法を行います。
薬物療法の初期段階では、痛みや炎症を抑えるために消炎鎮痛剤が服用されます。
消炎鎮痛剤には関節や骨が壊れないようコントロールする作用があります。
炎症が強いときはステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)が使用されますが、副作用もあるので医師の指導のもとで使用します。
病状が悪化するときは関節や破壊を防止するリウマチ専門薬や免疫抑制剤などを用いますが、副作用があるので医師の指導のもとで使用します。
運動療法は関節の拘縮や筋肉の衰えを防ぐ為にも欠かせない治療法です。
膝の機能を回復することで、運動療法も可能となり、薬物療法と合わせて全身の機能回復をはかることもできるようになります。
歩行ができないほど病状が悪い場合は手術を検討します。
滑膜切除術では、膝関節を切開し滑膜を取り除くきます。
人工膝関節置換術では、破壊された関節の表層を取り除き人工関節を埋め込みます。
慢性関節リウマチは全身に起こる病気なので、局所的な治療法では解決にはつながりません。
膝の外科的な治療をしても薬物療法を続ける必要があります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.