痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)について!原因、症状、治療法
眼瞼痙攣は脳の異常により、まばたきが上手くできない、片目をつぶってしまうなどの症状が現れる目の病気です。

スポンサーリンク


■眼瞼痙攣(がんけんけいれん)について

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは、脳の神経回路に故障が起き、目を開ける筋肉に指令が伝わらなくなる目の病気です。

■眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の症状

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の症状としては、まばたきが上手くできない、片目をつぶってしまうなどの症状があります。
目を知らず知らずのうちに閉じてしまうため、歩行中に物にぶつかったり、階段から落ちそうになったりなどの症状が現れます。

■眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の原因

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の原因としては、強いストレス、薬の副作用などがあります。 原因不明のケースもあります。

■眼瞼痙攣(がんけんけいれん)テスト

「ポンポコポン」のリズムでまばたきをします。
リズムに合ったまばたきが出来ない、眉毛が動いてしまう、眉間にシワがよってしまうなどが現れた時は眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の可能性があります。

■眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の治療

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は脳の異常のため、根本的な治療法はありません。

●ボトックス注射で筋肉を緩める
ボトックスという麻酔をまぶたのあたりに注射して目をつぶりにくくします。
すると目が開いているのが楽になります。

●マッサージ効果のある眼鏡を使用する
クラッチ眼鏡で目を開けやすくしたり、マッサージ効果が期待できます。

●光を防ぐ眼鏡を使用する

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.