痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

目の構造と働き!網膜、角膜、水晶体など

  • HOME »
  • 目の構造と働き!網膜、角膜、水晶体など
物が見える仕組み、水晶体と毛様体の働き、脈絡膜、杆体と錘体の視細胞、網膜への酸素と栄養の補給、房水の働き、眼瞼まぶた、結膜

スポンサーリンク


■物が見える仕組み

目の黒く見える黒目の部分は角膜(かくまく)と呼ばれ、実は透明な組織でできています。
眼球内部に入った光が吸収され跳ね返ってこないため黒く見えます。
角膜と後ろにある水晶体(すいしょうたい)という透明な組織はレンズの役割を果たしています。
角膜と水晶体を通過した光は、硝子体(しょうしたい)という透明な組織を通り網膜(もうまく)に到達します。
網膜はフィルムの役割を果たしていて、網膜に光が達すると明暗・形・色が感知され、その情報が視神経(ししんけい)を経由して脳に伝わり物が見えます。

目の構造と働き

■水晶体、毛様体の働き

水晶体は弾力性のある透明な組織で、毛様体(もうようたい)から出ているチン小帯という細かい繊維で固定されています。
近くにある物を見る時、毛様体の筋肉が収縮して毛様体が突き出します。
するとチン小帯の繊維がゆるみ水晶体の厚みが増し、網膜に正しく焦点を結ぶことが出来て、近くにある物が鮮明に見えるようになります。
遠くにある物を見るときは、毛様体の筋肉がリラックスしてゆるみ、毛様体が引っ込んでチン小帯が水晶体を引っ張ります。
すると水晶体は薄くなり遠くにある物が鮮明に見えるようになります。
光を乱反射させないで網膜へ集中させるためには、角膜や水晶体の透明さを保つ必要があります。
このように複雑で微妙なコントロールが働いて網膜上にあたしク像が結ばれ、物が見えるようになります。

■脈絡膜(みゃくらくまく)

脈絡膜(みゃくらくまく)とは、メラニン色素に富んだ膜で、血管がたくさんあり血液が流れています。
脈絡膜は網膜の栄養を与える働きをしています。
メラニン色素に富んでいることから色は黒く、カメラの暗幕の役割を担っています。
そのため眼球内部は光が入らなければ真っ暗になります。

スポンサーリンク

■杆体(かんたい)と錘体(すいたい)の視細胞(しさいぼう)

網膜には、眼球に入ってきた光りを感受する視細胞(しさいぼう)という細胞があります。
視細胞には、杆体(かんたい)と錘体(すいたい)の2種類があります。
杆体と錘体の2種類の視細胞が光の刺激を受けると、その情報が視細胞で電気信号に変換されます。
電気信号は網膜の浅い層にある神経繊維に伝わり、視神経乳頭から視神経に入り脳に情報が送られます。
脳に送られた情報が画像処理され映像かされ認識されます。

●杆体(かんたい)について
杆体は網膜の周辺に多く存在します。
杆体には弱い光を感じ取る働きがあり、暗いところで物を見る時は杆体が働いて形を認識しています。
ただし杆体は視力が弱く、色を識別する能力がありません。

●錘体(すいたい)について
錘体は網膜の中心部である黄斑部に多く分布しています。
錘体は明るい場所で物を見る時に働く視細胞です。
錘体は視力に優れ、色を識別する能力があるため、日常生活でも多く働いています。

■網膜への酸素と栄養の補給

網膜はそれ自体が生き物であるため、栄養や酸素の補給が必要になります。
網膜の内側の層には網膜血管系という血管が走っています。
網膜血管をながれる血液が、網膜の内側から下3分の2までの組織に栄養や酸素を供給しています。
網膜の外側には、脈絡膜(みゃくらくまく)の血管が走っていて、残りの3分の1の外側の組織に栄養や酸素を供給しています。

■房水(ぼうすい)の働き

角膜と水晶体は房水(ぼうすい)から酸素と栄養を補給しています。
角膜と水晶体の間にある空間は虹彩により前房(ぜんぼう)と後房(こうぼう)に仕切られています。
毛様体で作られた房水は、前房と後房に流れ込んで角膜と水晶体に栄養を補給しています。
房水は角膜と水晶体で出来た老廃物を回収する働きもしていて、房水の排出口である隅角(ぐうかく)に入った後、血管に吸収されます。
房水の生産量と排出量のバランスが保たれることで、眼球内には適度な眼圧がかり、眼球の形態が維持されています。

■眼瞼(がんけん)まぶた

眼瞼(がんけん)は、まぶたとも呼ばれています。
眼瞼は眼球を保護し、まばたきをすることで涙液を出し、角膜表面を覆って乾燥を防いでいます。
上下の眼瞼で外界からの異物の侵入や、外力が直接眼球に障害を与えないように防いでくれています。
眼瞼の中には、瞼板(けんばん)と呼ばれるかたい組織があります。
瞼板の中にはマイボーム腺という脂腺があり、油が分泌されて涙の上をおおって涙の蒸発を防いでくれています。

■結膜(けつまく)

結膜(けつまく)は、角膜以外の前方表面と眼瞼の裏面をおおっています。
眼球と眼瞼を連結してそれらの運動を円滑に行わせています。
結膜には副涙腺があり粘液や涙液を出して涙を作っています。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.