痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

遠視(えんし)について

  • HOME »
  • 遠視(えんし)について
遠視は網膜の後ろで焦点を結んでしまうためピントがズレ目が疲れやすくなります

■遠視(えんし)について

遠視になると、網膜の後ろで焦点を結んでしまいます。

そのため近くの物を見るときも、遠くの物を見るときもピントを合わせる努力をしなければならず目が疲れやすくなってしまいます。

軽度の遠視であればピントを合わせようとすれば見えますが、進行すると遠くの物も近くの物もぼやけてよく見えなくなってしまいます。

遠視では角膜や水晶体でなされる屈折の力が弱い場合もあります。

遠視の人は眼球の奥行きが正視の人よりも短いことがあり、焦点が網膜を通り越して網膜の後ろに結んでしまいます。

屈折力を強めるためには水晶体というレンズを厚くする必要があります。

レンズの屈折力を強めれば書店は前の方へ移動し、網膜より後ろに結んでいる焦点を前の方にもってくることができます。

遠視の人は焦点がいつも網膜の後ろで結ぶので、それを前にもってくるためにいつもレンズを厚くする調節を行わなければいけません。

そのため視力は良くても、疲れやすいという点があります。

遠視の子供の場合は、必要に応じてメガネをかけて眼の負担を軽減することも必要になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.