痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

近視について!原因、対処法、仮性近視、正視

  • HOME »
  • 近視について!原因、対処法、仮性近視、正視
近視は網膜の手前で焦点を結んでしまい、遠くを見るとぼやけて見えてしまう状態をいいます。

スポンサーリンク


■近視(きんし)について

近視の眼では、網膜の手前で焦点を結んでしまい、遠くを見るとぼやけて見えてしまいます。
近くを見るときは毛様体筋(もうようたいきん)という眼の筋肉が収縮して水晶体(すいしょうたい)を厚くしますが、 近視の眼では水晶体をそれほど厚くしなくても網膜上に焦点を結ばせることができます。

■正視

異常のない目で遠くを見るとき、眼球内に入った光は網膜上に焦点を結びます。
通常眼球を通過する光は角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)を通過するときに屈折して網膜上に集中します。
一般的に子供の眼は遠視ですが、成長すると正視となり、さらに成長すると近視になる傾向があります。

■仮性近視(かせいきんし)

毛様体筋が過度に緊張していると一時的な近視の状態となり、遠くが見えにくくなります。
小学校低学年ではこのような近視が見られます、 仮性近視であればメガネは必要ないですが、遠くを見て緊張を緩めさせたりします。
寝る前に調節麻痺剤の点眼剤を用いいる場合もあります。

■近視の原因

近視の原因としては、角膜のカーブがきつい、眼軸が長い、水晶体のカーブがきつい、角膜から網膜までの距離が長いなどがあります。
このような原因があると、目の凸レンズの作用が強まって網膜の手前で焦点が結んでしまいます。

■近視の対処法

メガネやコンタクトレンズを使用することで低下した視力を補うことができます。
度の合わない物を使用していると、眼精疲労の原因にもなります。
長時間パソコンなどを作業を行わず、適度な休息を取ることも大切です。
異変を感じたら眼科で診断を受けましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.