痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

老眼について!原因、対処法、老眼鏡

  • HOME »
  • 老眼について!原因、対処法、老眼鏡
老眼は近くにあるものがぼやけてよく見えない状態をいいます。

スポンサーリンク


■老眼(ろうがん)について

老眼(ろうがん)とは、近くにあるものがぼやけてよく見えない状態をいいます。
老眼鏡をかけないと、新聞を読むときに少し離して見ないとみえません。

加齢によって水晶体の弾力性は減少し、厚みを増す力も弱くなっていきます。
毛様体筋の働きも低下して、調節できる範囲や調節力も低下し網膜上にピントをもってこれなくなります。
40代になると近くを見るのに努力が必要になり、本を読むにもピントを合わせにくくなってきます。

■老眼の原因

老眼の原因としては、水晶体の硬化、毛様体筋の低下があります。
加齢により、水晶体はいくぶん厚くなり硬くなり、調節のために収縮する毛様体筋の働きも低下していきます。
水晶体の老化は、近くにピントが合わないだけではなく、短い波長の光を吸収して網膜まで届かなくなり、光を散乱させて見ようとする物のコントラストを弱めてしまいます。

■老眼の対処法

老眼は老眼鏡を使用することで低下した調節力を補うことができます。
老眼は加齢とともにピントを合わせる調節力が低下するために起こる老化現象でもあり、誰の身にも起こります。
ただし老眼が起こる年代は白内障や緑内障などの目の病気が起こる時期でもあります。
見えにくくなったのも加齢のせいだと決めつけず、異変を感じたら眼科で診断を受けることも大切です。

■老眼鏡

老眼には近用だけのものと、遠近両用のものがあります。
近用だけのものは視野が広く、度が安定しているため、長い時間机仕事をする人に向いています。
メガネをかけたりはずしたりするのがめんどうな人は遠近両用が便利です。
遠近両用には境目があるメガネと境目がないメガネがあります。
境目がないメガネは遠くを見る部分と近くを見る部分の境目が連続になっていますが、レンズ周辺や下半分の両側を見たときに歪んで見えます。
慣れないと足をふみはずしたりして転倒する危険性もあります。
老眼鏡は年に一度は度数の変更が必要になってきます。
年齢が進むにつれて調節力が低下し、レンズの度を強くする必要が出てきます。
自分に合ったメガネを使う事が大切になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.