痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

VDT症候群について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • VDT症候群について!原因、症状、治療法
VDT症候群はパソコン画面を見つめる作業等により、眼の疲労や全身症状が起こる状態をいいます。

スポンサーリンク


■VDT症候群について

VDT症候群とは、パソコン画面を見つめる作業を行うことにより、眼の疲労や全身症状が起こることをいいます。
VDT症候群は、Visual display terminalsのことでパソコン端末を意味します。

■VDT症候群の症状

VDT症候群の症状としては、眼のかすみ、視力低下、ちらちら感、肩や首筋のこり、上腕や指先のしびれ、背筋や腰の痛み、めまい、吐き気、不眠、食欲低下、生理不順、自律神経失調症などがあります。
作業をする人の精神的な疲労やストレスも起こります。
パソコンでの作業は、一見簡単に見えますが、仕事の密度が高く、わずかなミスも許されないなど、持続的な緊張が要求されることが多いです。
VDT症候群では眼症状、頚肩腕症状、腰背部症状が多く起こります。

■VDT症候群の原因

パソコン画面を近くで見て作業していると、眼は細かい調節等を要求されたり、書類やモニター、キーボードをめまぐるしく動かし見ることを要求されます。
そのため眼の筋肉や神経を酷使して病的な状態になってしまいます。
眼の調節を長時間続けていると、調節麻痺、調節けいれん、調節衰弱が起こることがあります。
調節麻痺は、毛様体筋などの筋肉の麻痺ひより調節ができなくなり、近くが見えなくなる状態をいいます。
調節けいれんは、毛様体のけいれんにより遠くが見えなくなる状態をいいます。
調節けいれんは、テレビゲームを長時間行うと起きやすいとされています。
調節衰弱は、眼の疲労により近点が遠ざかり、疲労が取れれば元に戻る状態をいいます。

■VDT症候群の治療法

VDT症候群の治療法としては、日常生活上で工夫をする対処法を行うことになります。
リラックスして眼の疲れをとる。
眼の疲れにより熱く感じるときは眼の周りを冷やす。
マッサージをして血流をよくする。
パソコンの背後のブラインドを占めて背景を少し暗くする。
パソコン画面の明るさ、キーボード、周囲を照らす明るさのバランスを調節する。
パソコン画面とキーボードの間に書類を置いて視線の動き少なくする。
眼の病気が隠れている場合もあるので、異常を感じたら眼科で診断を受けましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.