痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

網膜静脈閉塞症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 網膜静脈閉塞症について!原因、症状、治療法
網膜静脈閉塞症は静脈が何らかの原因で詰まる病気です。視野の欠落、視力低下、ゆがみなどの症状が現れます。

スポンサーリンク


■網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)について

網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)とは、静脈が何らかの原因で詰まる病気です。
網膜に酸素や栄養を送った血液は静脈に入って心臓に戻っていきます。

■網膜静脈閉塞症の症状

網膜静脈閉塞症の症状としては、片目の視野の一部が欠けて見えたり、急激な視力低下、物が歪んで見えるなどの症状が現れます。
多くは片目に現れます。
閉塞は網膜静脈が交差した部分で起こり、詰まった先の静脈から出血が生じて視野の一部に見えない箇所が現れます。
血液があふれた出た網膜の眼球は、入ってきた光を感知できなくなり、視野が欠けて見えてしまいます。
網膜の黄斑部に出血やむくみが起こると、視力低下や歪みが生じます。
視神経の中を走る網膜中心静脈が詰まると、網膜の内側の眼底に出血やむくみが広がって急激な視力低下が生じます。

■網膜静脈閉塞症の原因

網膜静脈閉塞症の原因としては、網膜の動脈硬化が考えられます。
網膜の静脈は網膜の動脈と平行して走っています。
網膜の静脈は血管壁が薄いため、他の影響を受けやすくなっています。
網膜の動脈に動脈硬化が起こると、厚く硬くなり静脈を圧迫してしまいます。
そのため静脈は動脈に押しつぶされて血流が阻害され詰まってしまいます。
糖尿病や血液粘調度亢進症などにより、血液にねばり気が増して詰まることもあります。
全身性エリテマトーデス、結核、ぶどう膜炎などで血管に炎症が起きて網膜静脈閉塞症が起こることもあります。
高血圧や糖尿病の持病があると動脈硬化を引き起こしやすくなるため、網膜静脈閉塞症を発症しやすくなります。

■網膜静脈閉塞症の治療法

網膜静脈閉塞症の治療法としては、静脈からの出血を止めたり、滞った血流を改善する治療を行います。
長期間網膜の静脈が詰まっていると、血流を改善しようと新生血管が生えてくることがあります。
新生血管は非常にもろいため、ちょっとしたことで出血を起こしてしまいます。
網膜に新生血管が増殖すると網膜剥離を起こし、光彩(こうさい)に新生血管が出来ると緑内障を起こしてしまうことがります。
新生血管が確認されたときは、網膜にレーザー光線を照射する治療を行います。
高血圧や糖尿病の基礎疾患がある場合は、その治療も行う必要があります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.