痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

心筋梗塞について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 心筋梗塞について!原因、症状、治療法
心筋梗塞(しんきんこうそく)は冠動脈が詰まって心筋に血液が流れ込まなくなり心筋が壊死してしまう病気です。心筋梗塞の治療法には血栓溶解療法、冠動脈形成術、冠動脈バイパス術があります。

スポンサーリンク


■心筋梗塞(しんきんこうそく)について

心筋梗塞(しんきんこうそく)とは、心臓の組織に酸素と栄養を供給する冠動脈(かんどうみゃく)の一部が詰まってしまい、心筋に血液が流れ込まなくなった状態をいいます。
血流が途絶えた状態が続くと心筋が虚血状態に陥り、酸素と栄養が途絶えて壊死してしまいます。
虚血状態とは、心臓の筋肉への血液の供給が減ったり途絶えることをいいます。
壊死した心筋は元にもどらないため、一刻も早く治療を行う必要があります。
心筋梗塞は朝の時間帯に起こりやすいと言われています。

■心筋梗塞の症状

心筋梗塞の症状としては、胸が締め付けられるような胸痛が突然起こります。
痛みは数十分から数時間続きます。
胸の中央が痛みますが、左胸、左肩、背中、首、みぞおちに起こることもあります。
壊死した心筋の部位が大きいと心不全を起こすこともあります。
壊死した部位が小さくても、心室が小刻みにふるえる心室細動、脈が取れなくなる心室頻脈などの不整脈が起こることもあります。
高齢者や糖尿病の人は、症状があらわれない心筋梗塞が起こることもあります。

■心筋梗塞の原因

心筋梗塞は狭心症と同じように動脈硬化が原因で起こります。
冠動脈にコレステロールなどが沈着して粥状(かゆじょう)のかたまりプラークができ、血管内が細くなってアテローム硬化(動脈硬化)が起きます。
プラークが破裂してできた血栓が血管を完全に塞いでしまい心筋梗塞が起こります。
冠動脈には、右冠動脈、左冠動脈前下行枝、左冠動脈回旋枝の3本あり心筋組織に酸素と栄養を供給しています。

■心筋梗塞の治療法

心筋梗塞の治療法としては、途絶えた血流を一刻も早く再開させるため、カテーテル治療や心臓バイパス手術を行います。
急性の心筋梗塞では診断と治療を並行して行います。
心筋梗塞を発症してから数日は不整脈が起こる危険が高いので専門の治療施設で治療を行います。
状態が安定してきたら、再発予防のために血栓を防ぐ薬、脂質異常症の治療薬、降圧剤などを用いて治療を行います。

●血栓溶解療法
カテーテルを冠動脈に挿入し、血栓を溶かす薬剤を注入して血流の回復治療を行います。

●冠動脈形成術
冠動脈形成術とは、閉塞している冠動脈にバルーンつきのカテーテルを挿入し、バルーンで血管を押し広げ血流を回復させる治療法です。
血管を広げた後には、ステンと呼ばれる網状の金属の筒を留置します。

●冠動脈バイパス術
冠動脈バイパス術とは、閉塞した冠動脈の先に血液を迂回して流す血管をつなぐ手術です。
大動脈から心筋へ直接血液を流します。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.