痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

動脈硬化について!コレステロール

  • HOME »
  • 動脈硬化について!コレステロール
動脈硬化は動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまり、硬くなって弾力性や柔軟性を失った状態です。

■動脈硬化(どうみゃくこうか)について

動脈硬化(どうみゃくこうか)とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまり、硬くなって弾力性や柔軟性を失った状態をいいます。
コレステロールが多いと動脈硬化が起こりやすくなり、狭心症や心筋梗塞になりやすくなります。
コレステロールは細胞膜を作る成分で、体にとって必要不可欠な成分です。

動脈は、内側から内膜、中膜、外膜の3つの層から成っています。
内膜は内皮細胞で覆われていて血液が固まらないようにしたり、血管を広げるなどの動脈硬化を防ぐ働きをしてくれています。

高血圧や糖尿病により血管に負担がかかると、内皮細胞が傷付いて動脈硬化を防ぐ働きが失われていまいます。
すると血液中のLDL(悪玉)が内膜に入り込んで酸化されて酸化LDLに変化します。
酸化LDLは体にとって異物であるため、異物を処理しようと血液中の白血球の一種である単球も内膜に入り込み、マクロファージに姿を変えます。
マクロファージは異物の酸化LDLを取り込んで内膜の中で死滅します。
するとLDLの中に入っていたコレステロールや脂質が、どろどろとしたやわらかい沈着物となり内膜がどんどん厚く大きくなっていきます。
これによりできた血管が盛り上がった状態をプラーク(粥腫)といい、プラークができた状態をアテローム性動脈硬化といいます。

プラークが出来ると血管が狭くなり、血流が悪化してしまいます。
するとその血管から酸素や栄養が送られてくる心筋に症状が起こるようになります。
またプラークが破れてしまうと、補修しようと血栓ができて血流が途絶えてしまい、心筋梗塞などを発症してしまいます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.