痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

心臓弁膜症について!狭窄症、閉鎖不全症!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 心臓弁膜症について!狭窄症、閉鎖不全症!原因、症状、治療法
心臓弁膜症は、心臓にある血液が逆流しないようにある弁がうまく働かなくなる状態です。
狭窄症には大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症があり、閉鎖不全症には大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症があります。

スポンサーリンク


■心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)について

心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)とは、心臓にある血液が逆流しないようにある弁がうまく働かなくなる状態をいいます。
左心房の出口には僧帽弁、左心室の出口には大動脈弁、右心房の出口には三尖弁、右心室の出口には肺動脈弁の4つの弁があります。
全身に血液を送り出すときは、左心室の大動脈弁が開き、勢い良く血液が出て行き、僧帽弁は左心房に血液が戻らないように閉じています。
肺からの血液が戻るときは、僧帽弁が開き左心房から左心室に血液が入り、大動脈弁は血液が左心室に戻らないように閉じています。
弁膜に障害が起きると血液の流れが滞ったり、逆流したりします。
左心室の出口には大動脈弁と左心房の出口には僧帽弁に多く障害が生じます。

■狭窄症(きょうさくしょう)と閉鎖不全症(へいさふぜんしょう)

狭窄症(きょうさくしょう)とは、弁がかたくなり開きにくくなる心臓弁膜症です。

閉鎖不全症(へいさふぜんしょう)とは、弁が閉じた時にぴったり合わなかったり、穴があくなどして血液が逆流してしまう心臓弁膜症です。

閉鎖不全症により血液が逆流すると心臓への負担が増加します。

4つの弁それぞれに狭窄症と閉鎖不全症が起こりますが、手術などの治療が必要なのは大動脈弁と僧帽弁になります。

■心臓弁膜症の症状

軽症では自覚症状はありません。 時間をかけて進行し、心臓が疲れてくると、息切れ、呼吸困難、むくみなどの心不全の症状が起こります。

スポンサーリンク

■大動脈弁狭窄症

全身に血液を送り出す左心室の筋肉が厚くなると大動脈弁狭窄症が起こり、脳への血液が届きにくくなり失神が起こったりします。

■僧帽弁狭窄症

僧帽弁に狭窄が起こると、血液が溜まって左心房が広がってしまいます。
溜め切れなくなって肺うっ血が起こると、息切れが現れたりします。
また心房細動が引き起こされ、左心房の肥大やうっ血により左心房内に血栓ができやすくなり、脳梗塞の危険性が高まってしまいます。

■大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁に閉鎖不全症が起こると、左心室に血液が逆流して、左心室拡大や心筋の肥大化が起こります。

■僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁に閉鎖不全症が起こると、左心房にうっ血が起きますが、血液がかき回されるため狭窄症よりも血栓ができにくいです。

■心臓弁膜症の原因

心臓弁膜症の原因としては動脈硬化が考えられています。

■心臓弁膜症の治療法

心臓弁膜症の治療法としては、軽症な場合は安静にして、食事制限、薬による心不全の治療などにより心臓の負担軽減を行います。
重症のときは、弁形成術により悪くなった部分を修復したり、人工弁置換術により悪くなった弁を交換する治療を行います。
自分の弁を修復する弁形成術では、自分の弁を残して、人工弁輪、人工腱索、異種心膜パッチを使い縫い合わせます。
人工弁には機械弁と生体弁があります。
金属製の機械弁は耐久性に優れ50年、100年壊れないとされていますが、血栓が出来やすいため血を固まりにくくするワルファリンを一生飲み続ける必要があります。
豚の大動脈や牛の心膜から作る生体弁は、血栓ができにくいですが、10年から15年ほどで再び人工弁置換術を行う必要があります。
人工弁は、外傷や抜歯などで細菌が侵入して、感染性心内膜炎になる危険性があります。
そのため感染症には注意が必要です。
ワルファリンを使用するときは、毎月血液検査を行い薬の量を調整します。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.