痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

気管支炎!急性気管支炎、慢性気管支炎!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 気管支炎!急性気管支炎、慢性気管支炎!原因、症状、治療法
急性気管支炎はカゼやインフルエンザをこじらせて炎症が気管支にまで達した状態です。炎症には、急性気管支炎と慢性気管支炎があります。

スポンサーリンク


■気管支炎(きかんしえん)について

気管支炎(きかんしえん)には、急性気管支炎と慢性気管支炎があります。
急性気管支炎は、カゼやインフルエンザをこじらせて炎症が気管支にまで達した状態をいいます。
慢性気管支炎は、痰(たん)を伴う咳が長期間続く病です。
一年間に三ヶ月以上、痰を伴う咳が続くと慢性気管支炎になります。

■気管支炎の症状

気管支炎の症状としては、ゼーゼー、ヒューヒューと音のする呼吸、胸の痛み、胸の圧迫感、息切れなどがあります。
暖かい場所から寒い場所に移動したときに咳き込むこともあります。
急性気管支炎を発症すると、気管支の表面が傷付き、粘膜からの分泌物が増加して激しい咳や痰が多く出るようになります。
呼吸細気管支に炎症が及ぶと症状がさらに強くなり、熱や倦怠感が起こります。
子供や高齢者は悪化しやすくなり、若い人でも過労の場合に重症になることもあります。
急性気管支炎をこじらせると、肺炎を引き起こすこともあります。
炎症により気管支が狭くなり、痰が空気の通りを邪魔して呼吸困難が起こることもあります。

■気管支炎の原因

慢性気管支炎は、加齢、ウイルス感染、喫煙などが原因となり発症します。
急性気管支炎は、多くの場合ウイルス感染によりカゼを引いた時に、気管支に細菌感染が合併して発症します。

■気管支炎の治療法

細菌に効果のある抗生物質、咳止め、去痰剤、気管支拡張薬などを用いて治療を行います。
早目に適切な治療を行えば短期間で治ります。
治らないうちに治療を止めてしまうと慢性気管支炎に移行してしまうこともあります。
慢性気管支炎になると気長に治療を続けることになってしまいます。
急性気管支炎は、カゼを長引かせないことが一番の予防法になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.