痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

腸閉塞について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 腸閉塞について!原因、症状、治療法
腸閉塞は、腸の一部が閉塞して腸の内容物が先に進まなくなる病気です。麻痺性腸閉塞、閉塞性腸閉塞、絞扼性腸閉塞があります。

スポンサーリンク


■腸閉塞(ちょうへいそく)について

腸閉塞(ちょうへいそく)とは、何らかの原因で腸の一部が閉塞して腸の内容物が先に進まなくなる病気をいいます。
腸閉塞では激しい痛みをともないます。
腸閉塞には、麻痺性の腸閉塞、閉塞性の腸閉塞、絞扼性(こうやくせい)の腸閉塞があります。

■腸閉塞の症状

急性腸閉塞の症状としては、激しい腹痛が起こって全身症状が現れます。
腹が張ってどこを押しても痛みを感じ、嘔吐が連続的に起こります。
しだいに全身状態も悪化して心臓が弱まり、呼吸が浅くなりぐんなりしてきます。
はじめは胃の内容物を吐くだけですが、腸の内容物も吐くようになり、場合によっては大便のようなものを吐くこともあります。
慢性腸閉塞の症状としては、時々腹痛が起こり、腹がしだいに張り、ぐるぐるとお腹がなってガスが出ると楽になります。
便秘や便が細くなることもあります。
慢性腸閉塞は腸の癌が原因とされていて、除々に腸が詰まっていきます。

■腸閉塞の原因

●麻痺性腸閉塞
麻痺性の腸閉塞は、何かの原因で腸が麻痺を起こし動かなくなった状態をいいます。
手術の後、腹膜炎、外傷、腸間膜動脈の血栓症、胆石や腎結石の疼痛などのために起こるとされています。
閉塞性の腸閉塞は、物理的な原因で腸の通り道が塞がれた状態です。

●閉塞性腸閉塞
胆石、便のかたまり、回虫のかたまりなどが詰まって起こります。
また腸に出来た腫瘍や、腸の外にできた腫瘍に腸が圧迫されて起こることもあります。

●絞扼性(こうやくせい)腸閉塞
絞扼性(こうやくせい)とは、腸がひっぱりあげられたり、ねじれたりして絞られるようになった状態をいいます。
絞扼性腸閉塞は、手術や腹膜炎などによってできた癒着が原因で起こることが多いです。
手ぬぐいをしぼったように腸がねじれる腸捻転(ちょうねんてん)、腸が腸の内に入り込む腸重積、腹膜の狭い隙間に腸が入り込む脱腸などでも腸閉塞が起こります。
絞扼性腸閉塞は、腸といっしよに血管や神経もしぼられるため、血行が止まって激しい痛みとともに腸の壊死が起こる事もあります。
そのため一刻も早い回復手術が必要になります。

■腸閉塞の治療法

腸閉塞の治療法としては、急性腸閉塞の場合は手術が必要になります。
衰弱の治療のために強心剤やブドウ糖の注射を行い、部屋をあたためたり、腹部を温めるなどの手当を行います。
痛みが強い場合は痛み止めの注射を行いますが、注射で腸閉塞が治ることもあります。
慢性腸閉塞の原因が腸の腫瘍である場合は、手術を行い切除し、回虫が原因であればそれを取り除きます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.