痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

慢性腸炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 慢性腸炎について!原因、症状、治療法
慢性腸炎(まんせいちょうえん)は長期にわたって下痢や便通異常が起こる病気です。ストレス等で腸内の細菌のバランスが崩れて慢性腸炎が起こる。

スポンサーリンク


■慢性腸炎(まんせいちょうえん)について

慢性腸炎(まんせいちょうえん)とは、長期にわたって下痢や便通異常が起こる病をいいます。
慢性腸炎は、急性腸炎のように激しい下痢が起こるのではなく、1日に数回軟便が出るといった程度が多く、単に腹が張る、ガスが多いという人もいます。

■慢性腸炎の症状

慢性腸炎の症状としては、お腹の不快感、ガスが溜まりお腹が張る、下腹部の痛みや重い感じ、食欲不振、倦怠感などがあります。
小腸炎の場合は、軟便、下痢、便秘、おへそあたりの痛み、おなかがゴロゴロするなどの症状が起こります。
大腸炎の場合は、下痢が多く、左腹側に痛みが起こり、便に酸臭や腐敗臭があったりします。

■慢性腸炎の原因

慢性腸炎の原因はよくわかっていませんが、急性腸炎から移行して起こったり、ストレス、食物アレルギーなどが考えられます。
腸内の細菌のバランスが崩れた場合にも慢性腸炎が多く起こります。
急性腸炎の治療を途中で止めてしまったりして慢性腸炎に移行することもあります。
消化吸収の障害が慢性腸炎の原因となることもあります。
不消化物が大腸に送られたり、長い間大腸に便が停滞したりすると、発酵菌や腐敗菌が繁殖してガスを発生させます。
ガスに腸粘膜が刺激されると下痢を起こすこともあり、大腸にガスが溜まってお腹が張ったり、痛みが生じることもあります。

■慢性腸炎の治療法

慢性腸炎の治療法としては、食生活に気をつけることが基本となります。
胃や腸に負担のかからないものを選ぶようにし、繊維が少なく消化の良いもの、性劇の少ない食べ物を選ぶようにしましょう。
長期にわたる下痢は栄養不良を招く恐れもあるので消化の良い、栄養価の高いものを摂取するようにしましょう。
下痢が激しいときは流動食にしておきましょう。
慢性腸炎の治療中は、アルコールや冷たい物、脂っこい物は避けるようにし、腸を冷やさないようにします。
発酵性下痢のときは、繊維の多い物は避け、糖分を少なくし、タンパク質を十分にとるようにします。
腐敗性の下痢のときは、タンパク質、脂肪、乳化バターやクリームなどは控えるようにします。
慢性腸炎の治療薬としては、腸内の殺菌のためにサルファ剤、下痢止め吸収剤の活性炭やケイ酸アルミニウムなどが用いられます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.