痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

急性胃炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 急性胃炎について!原因、症状、治療法
急性胃炎は急に胃のあたりが痛み出す病。自然に治ってしまうことも多い。

スポンサーリンク


■急性胃炎について

急性胃炎とは、急に胃のあたりが痛み出す病です。
簡単に発症しますが、手当をしなくても自然に治ってしまうことも多い病です。

■急性胃炎の症状

急性胃炎の症状おしては、胃痛、胸焼け、むかつき、ゲップ、嘔吐、胃の重苦しさなどがあります。
胃のけいれんが起きたような激しい痛みが起こることもあります。
嘔吐では出血を伴うこともあります。
また頭痛、めまい、倦怠感が起こる事もあります。
これらの症状は3日ほどで治まりますが、食欲不振や倦怠感は一週間ほど続くことがあります。

■急性胃炎の原因

急性胃炎の原因としては、刺激のある物や腐った物を食べたとき、薬物を飲んだとき、感染症などがあります。
急性胃炎は、刺激のある物を食べて起こるがよくあります。
辛いもの、熱いもの、冷たいものなどを食べて胃粘膜がただれて胃炎を起こすことがあります。
アルコールの飲み過ぎも急性胃炎を起こす原因になります。
腐った食べ物を食べても急性胃炎を起こす原因になります。
薬の服用でも胃炎を引き起こす原因になります。
鎮痛剤、抗生物質、などの薬で胃が刺激されると急性胃炎を引き起こしてしまうことが多くあります。
肺炎、ジフテリア、腸チフスなどの細菌の感染により急性胃炎が引き起こされることもあります。

■急性胃炎の治療法

急性胃炎の治療法としては、食事を控えて、吐き気があったら我慢せずに胃の中の物を掃き出してしまいます。
胃の中を空っぽにしてしまうのが回復には効果的です。
発熱があるときは、有害物が腸に達していることもあるので下剤や浣腸などで出してしまいます。
1日ほど経過みて、落ち着いてきたらおかゆやなどの流動食などをを少しずつとるようにします。
急性胃炎は特に薬を使用しなくても治ってしまうことが多い病でもあります。
水分が取れる状態であれば、吐き気止め、制酸剤、粘膜保護剤などにより対処療法を行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.