痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

睡眠障害についての健康情報

  • HOME »
  • 睡眠障害についての健康情報
睡眠障害についての健康情報!役立つ情報、知っていて役立つ健康情報などをご紹介いたします!




■質の良い睡眠をとる方法!睡眠不足は肥満や高血圧を引き起こす、快眠柔軟体操
質の良い睡眠をとる方法、就寝3時間前までに食事、入浴、朝に味噌汁や豆乳、快眠柔軟体操。

■睡眠の質アップ!短時間の昼寝、睡眠環境の改善、昼間の活動量を上げる
睡眠の質アップには短時間の昼寝と睡眠環境を改善して寝付きを良くすることが大切。

■睡眠で物忘れ予防改善!質の良い睡眠を得る、深部体温を下げる!
質の良い睡眠を得ると物忘れの予防改善につながります。

■いびき予防トレーニング!いびきアゴ、いびきをかきやすいのど、女性ホルモン!
いびきはのどの筋肉の緩み狭くなった気道を空気が無理に出入りすることで起こります。

■不眠について!不眠症、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、歯ぎしり!
不眠症などにより不眠が続くと高血圧、糖尿病、心疾患などの病気を起こすリスクが高くなります。

■睡眠の質を改善するポイント!枕、いびき、無呼吸、歯ぎしり、便秘、ストレス!
寝る前のストレッチは睡眠の質を改善、睡眠の質を改善するのは自分に合った枕が大切。

■睡眠改善ポイント!睡眠不足・不眠解消、高血圧・糖尿病・肥満などの病気
睡眠不足のサインとしては日中に強い眠気があります。睡眠改善には快適な状態に調節することが大切

■夏場の睡眠の質を良くするポイント!快眠・熟睡法、タッピング療法
タッピング療法を行うと副交感神経を刺激して快眠・熟睡につながります。

■良い睡眠を取るためのポイント!睡眠時無呼吸症候群、肥満、糖尿病、高血圧
睡眠は一定の時間に起きることを意識した方が睡眠リズムが整えやすいといわれています。

■昼寝の健康効果!いびきとすいみんじむこきゅうしょうこうぐん
昼寝は心臓病予防に効果的で30分の昼寝は健康にも効果があります。



■不眠症の改善!睡眠衛生指導、睡眠薬、認知行動療法、睡眠日誌、睡眠制限法
不眠症は肥満や糖尿病、うつ病など様々な病気に関係していきます。

■睡眠薬の使い方!睡眠薬の止め方、不眠症対策
睡眠薬は不眠症などの眠れない病気に効果的です。

■睡眠時無呼吸症候群の治療法!いびき、眠気、睡眠不足、病気の原因
睡眠時無呼吸症候群は高血圧、心筋梗塞、糖尿病と密接に関係しています。

■危険ないびき、睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)の予防と治療!
いびきは睡眠中における呼吸の抵抗音です。

■いびき解消!睡眠時無呼吸症候群、マウスピース・CPAP治療法!
いびきが重症になると心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病などを引き起こす要因になります。

■睡眠と首について!安眠枕の作り方、枕外来、首への負担を減らす方法!
体に合う枕で睡眠時の首への負担が減り、体の様々な不調を取り除くことができます。

■ストレッチで睡眠改善!抗重力筋、首・肩・手・足・大幹のストレッチ!
睡眠改善のために首・肩・首・肩・手・足・大幹のストレッチを行うことが効果的です。

■不眠改善!不眠と扁桃体の働き、パニック障害、コラム法、認知行動療法
ストレスによる扁桃体の暴走が不眠の原因に。パニック障害はコラム法や認知行動療法で改善

■睡眠障害の予防改善!ムズムズ脚症候群、レム睡眠行動障害、睡眠時無呼吸症候群
睡眠障害の予防改善のためには、3時間前の食事、2時間前の体操、1時間前の入浴がポイント

■深睡眠(しんすいみん)!不眠解消法、代謝量を上げて快眠!!
深睡眠は深い眠りのことで、高くなった脳の温度を下げるために起こります。

■夜間頻尿解消!足のむくみ解消エクササイズ、下腿三頭筋を動かす!
夜間頻尿は足のむくみによる水分が尿になって起こります。むくみ解消法・夜間頻尿解消エクササイズ。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.