痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

ニキビについて!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • ニキビについて!原因、症状、治療法
ニキビは生理的な現象であり、放置しても年齢とともに自然に治ります。




■ニキビについて

ニキビは思春期の男女の顔にでき、毛孔に小さなボツボツができます。
ニキビは皮脂の分泌が多い人にできやすく、一つ一つの毛孔は開き気味で点状に黒く皮脂が溜まっています。
ニキビは生理的な現象であり、放置しても年齢とともに自然に治ります。
しかし肌の手入れが悪かったり、化膿させてしまうと痕が残ってしまいます。

■ニキビの症状

ニキビに炎症が加わると、赤い丘疹(きゅうしん)、中心に膿を持った膿疱(のうほう)、化膿が悪化した膿腫(のうしゅ)、色素沈着斑、瘢痕(はんこん)などが混在した状態になります。
ニキビにかゆみはありません。

■ニキビの原因

ニキビは身体のバランスが崩れたときに出来やすく、男性ホルモンと女性ホルモンのバランス異常により起こるとも考えられています。
思春期になると男性ホルモンのアンドロゲンが活発に分泌され、それにより皮脂腺の発育肥大が起こって皮脂の分泌が増加します。
また毛包の出口の角質が厚くなって出口が狭くなってきます。
すると過剰に作られた皮脂が毛包に溜まってしまい、角質と一緒になって粘着性のある強い角栓ができて毛包の孔を塞いでしまいます。
このため表面からのホコリや化粧品の油脂なども加わり角栓が大きくなってしまいます。
毛包内の皮脂の量が増加すると、常在菌のニキビ桿菌や表皮ブドウ球菌が皮脂を栄養源として増殖します。
この常在菌は皮脂を分解するリパーゼという酵素を持ち、皮脂成分のトリグリセライドが分解されると遊離脂肪酸になります。
遊離脂肪酸が毛包周囲の真皮組織内に出て、その刺激のために毛包の周囲に炎症反応が起き、ニキビができると考えられています。
さらに化膿菌の感染が加わると膿疱や膿腫ができ、瘢痕になるとされています。
ニキビの悪化因子としては、その他にも内分泌障害、ストレス、胃腸障害、睡眠不足、便秘、食べ物、薬剤、化粧品、気候などがあります。

■ニキビの治療法

ニキビの治療法としては、洗顔が基本となります。
毛孔に詰まった皮脂や角質を、ぬるま湯で洗い流すことにより改善されます。
食事では、動物性脂肪などの体内で脂肪に変わるものの摂り過ぎはよくありません。
食物繊維を多く摂り便通を良くして、睡眠を十分に取り、生活習慣を改善するようにしましょう。
化粧品は使わないようにして、使用したときは、充分洗い落とすことが大切です。
外用薬などは、なるべく医師の診断を受け用いるようにしましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.