痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肝斑(シミ)、雀卵斑(ソバカス)について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 肝斑(シミ)、雀卵斑(ソバカス)について!原因、症状、治療法
肝斑(かんぱん)シミとは顔の皮膚に生じる褐色の色素沈着のことです。ソバカスは頬を中心に出来る小さな淡褐色や黒褐色の色素斑です。




■肝斑(かんぱん)シミの症状

肝斑(かんぱん)シミとは、顔の皮膚に生じる褐色の色素沈着、つまりシミのことです。
妊娠可能な女性に生じる顔の褐色の色素の増加です。

■肝斑(シミ)の原因

肝斑(シミ)の原因としては、エストロゲンやプロゲステロンの性ホルモンが関係していると考えられています。
肝斑(シミ)は褐色の色素沈着が特徴ですが、褐色になるのは、表皮の基底層に色素が増加するためです。
妊娠中にできた肝斑・シミは、分娩後に軽快する人もいます。
肝臓を含め全身的な異常とは関係ありません。
肝臓に異常がある場合は別の色素沈着が起こります。

■肝斑(シミ)の治療法

日光照射が肝斑・シミを悪化させるので、日差しの強いときの外出などは避けるようにしましょう。
日差しの強い日中に外出するときは遮光性の強い化粧品などを使用するようにしましょう。

■雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑・ソバカスは頬を中心に出来る小さな淡褐色や黒褐色の色素斑です。
形は不整形、類円形、多発性にできます。
色白の女性にできることが多く、遺伝するとかんがえられています。
雀卵斑・ソバカスは思春期にはっきりと目立って現れ、その後は次第にはっきりしなくなっていきます。

■雀卵斑(ソバカス)の治療法

雀卵斑・ソバカスでも日光を裂け、直接肌に当てないことになります。
紫外線が悪化の原因ともなるので、紫外線を避けるようにします。
遮光ファンデーションを使用して予防しましょう。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.