痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

単純性疱疹・ヘルペスについて!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 単純性疱疹・ヘルペスについて!原因、症状、治療法
単純性疱疹(ヘルペス)はウイルスによる感染症です。口唇ヘルペスがよく知られています。




■単純性疱疹(ヘルペス)について

単純性疱疹(ヘルペス)とは、単純性疱疹ウイルスによる感染症です。
口唇ヘルペスがよく知られています。

■単純性疱疹(ヘルペス)の症状

初めてウイルスが皮膚に感染すると、かなり強い浮腫性の赤い腫れと小水疱の集合した病変ができてヒリヒリと痛みが生じます。
付近のリンパ腺も腫れて発熱などの全身症状が起きることもあります。
まぶた付近で起こると角膜にウイルスが入り失明に至ることもあります。
初めて感染して起こったときは、抗体が出来ていないので症状が強くでます。
一度このウイルスが皮膚に感染すると、その皮膚に分布する知覚神経節の内に潜伏し、発熱、寒さ、疲労などで皮膚の状態が悪くなると活性化して同じ場所に水ぶくれやびらんを作ります。
この時は抗体が出来ているため症状も軽く、一週間程で治ります。

■口唇ヘルペス

口唇や口の周囲に再発性し起こります。
口のまわりに小さな水ぶくれの集団が出来ます。

■陰部ヘルペス

初感染はウイルス抗体を持っていない人が、陰部ヘルペスや口唇ヘルペスの患者や保菌者との性行為により感染することが多いです。
女性では外陰部から子宮粘膜までの所に強い発赤腫脹ができ、水疱が集合して、やがてこれが破れて潰瘍となり、強い接触痛や排尿痛が起こります。
男性では、亀頭や包皮に小さい水疱ができます。
1~2週間で治りますが、一度感染するとセックスや月経、刺激が誘因となり再発を繰り返してしまいます。

■単純性疱疹(ヘルペス)の原因

単純性疱疹(ヘルペス)の原因としては、単純性疱疹ウイルスによる感染により起こります。
大部分の成人は症状はありませんが、すでにウイルス感染して抗体持っているため、感染の心配はないとされています。
しかし皮膚に症状がなくても、口腔内、膣、尿道などにウイルスが存在していて、保菌者として感染源になっていることもあります。
単純性疱疹ウイルスには、上半身ヘルペスと陰部ヘルペスがあり、上半身ヘルペスの抗体を持っていても、新たに陰部ヘルペスに感染する人もいます。
最近ではセックス風俗の変化によりウイルスの感染経路も変化しているとされています。

■単純性疱疹(ヘルペス)の治療法

再発生の口唇疱疹で痛みが強い場合は、抗生物質含有の軟膏を塗布します。
女性の陰部疱疹は痛みが強いこともあり治療が必要です。
消炎鎮痛剤の内服、消炎鎮痛剤含有の軟膏、局所麻酔剤などで痛みを押さえます。
初感染で発熱や全身症状が強い場合は、抗生物質の点滴を行うこともあります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.