痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

水虫、たむし、白癬菌について!インキンタムシ、手白癬、爪白癬

  • HOME »
  • 水虫、たむし、白癬菌について!インキンタムシ、手白癬、爪白癬
カビの一種である白癬菌が皮膚の表面にある角質に付いて増殖し感染を起こし水虫・たむしを発症。




■水虫・たむしについて

カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が皮膚の表面にある角質に付いて増殖し感染を起こし、水虫・たむしが発症します。
診断では病変部を取って顕微鏡で白癬菌がいるかどうかを調べ湿疹と区別します。

■股部白癬(こぶはくせん)インキンタムシ

股部白癬はインキンタムシとも呼ばれ、そけい部や臀部にあらわれ、陰嚢の方に白癬菌が付くことはありません。
そけい部や臀部(でんぶ)は、むれやすいため白癬菌が増殖しやすい場所でもあります。
かゆみの強い病変を作り、中心部は色素沈着を残し、むけかかった皮が付いた水っぽいボツボツが集まります。

■足白癬・水虫

足にできる白癬を水虫といいます。
水虫には趾間(しかん)、小水疱(しょうすいほう)、角化(かくか)があります。
趾間は足の指の間がじくじくして白くふやけて、赤い皮がむける状態をいいます。
放置すると、化膿菌が侵入して赤く腫れ上がり、歩行困難になることもあります。
小水疱は足の裏に小さい水疱や膿疱などが集合して赤くなり強いかゆみが起こります。
角化は、足の裏全体が赤くなって皮膚が厚く固くなり、かゆみは強くありません。

■手白癬

手は足に比べて白癬が繁殖しにくい場所ですが発症することもあります。
手白癬は水仕事の多い人や糖尿病を患っている人に多くみられます。
湿疹の薬をつけても治らず、手の白癬だったということもあります。

■爪白癬

爪に白癬菌が入ると、爪が厚く白濁し、表面の光沢がなくなり、爪がもろくなります。
一本の爪が感染すると拡大し全部の爪がやられてしまいます。
一度爪に白癬菌が入ると治療がやっかいになります。



■水虫・たむしの予防法

白癬菌はカビの一種であるため、ジクジクした場所を好み繁殖します。
水虫の予防では、皮膚を清潔にして乾燥させることになります。
太った人は足の指の間に汗が溜まりやすいので、汗をかいたときはこまめに拭き取ったり、靴下などを取り替えるようにしましょう。
靴も通気性のよいものにし、通気性の悪い靴を使用する人は休憩時にぬいで乾かすようにしましょう。
入浴時には石けんできれいに洗い、水分をよくふきとりましょう。
家庭内で水虫・たむしに感染している人がいるときは、治るまでうつさないようにする必要があります。
入浴時のタオル、足ふきマット、スリッパなどの共用は止めます。
使用した物は洗濯して日光光線にあてて乾かすようにします。
浴槽の湯から感染するほど白癬菌は強くないので、浴槽の湯を交換する必要はありません。
動物から感染することもあるので、飼い猫や飼い犬がかゆがったりした時は治療を行いましょう。

■水虫・たむしの治療法

表存性の白癬は、爪白癬と足の角化白癬をの除き外用薬で治ります。

手足以外の白癬は治りやすく、正しく使用すれば治ります。

手足の白癬の場合、ちょっと治りかかったといって外用薬の使用を止めてしまうと再び増殖して症状が現れてしまいます。

爪に白癬菌が入った場合は長期間の内服薬の服用が必要な場合もあります。

医師の指示に従って治療を続けることが大切になります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.