痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

接触皮膚炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 接触皮膚炎について!原因、症状、治療法
接触皮膚炎は皮膚が赤くなって痒くなるかぶれをいい、皮膚炎の原因がはっきり分かっている場合になります。




■接触皮膚炎(せっしょくひふえん)について

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)とは、皮膚が赤くなって痒くなるかぶれをいいますが、皮膚炎の原因となる外的刺激がはっきり分かっている場合になります。
多くの場合、原因物質の名前を付けて呼ばれます。
例)うるしかぶれ。
接触皮膚炎は、毒物による刺激で起こる場合と、アレルギーにより起こる場合があります。

■接触皮膚炎の症状

接触皮膚炎の症状としては、赤く腫れる、強いかゆみ、赤いボツボツ、小さな水ぶくれ、熱感などがあります。
接触した物質の毒性によりかぶれが起こります。
強い酸、アルカリ、毛虫の毛あんどがついたりしたときにかぶれが起こります。
アレルギー性の体質がある人が、その対応する抗原性を持っている物質に接触したときにかぶれが起こります。

■接触皮膚炎の原因

接触皮膚炎の原因としては、ウルシなどのような特定の物質、ゴム製品、化学成分など身のまわりにあるすべての物が原因となる可能性があります。
アレルギー性の場合は、特定の個人に対して特定の物質が原因となります。
かぶれの原因として多いのは、ウルシなどの植物、香料、色素、化学物質、白髪染め、化粧品、ペニシリン、金属類、ゴム製品、衣類などあらゆる環境因子があげられます。
湿疹や皮膚炎の治療に使用する副腎皮質ホルモン含有軟膏がかぶれの原因となることがあります。
治りかかった湿疹が悪化したり、使用しても治らないときは、原因となっている場合もあります。

■接触皮膚炎の治療法

接触皮膚炎の治療法としては、原因物質との接触を絶つことになります。
原因物質が分からないときは、パッチ・テストを行い原因物質を特定します。
アレルギー性接触皮膚炎は、一度発症すると何年経っても同じ物質に触ればかぶれをが起こることが多く、一生触らないことが予防になります。
かぶれの原因が形を変えて含まれていることも多いので、自分のかぶれの原因がどのような環境因子に含まれているかを知っておくことも大切になります。
薬物療法として多く用いられている薬剤は副腎皮質ホルモン含有軟膏です。
通常は数日から10日ほどで治ります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.