痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

正しい歩き方で肩こり解消!正しい姿勢について

  • HOME »
  • 正しい歩き方で肩こり解消!正しい姿勢について
正しい歩き方のポイントは、背筋を伸ばした正しい姿勢で歩く、腕を軽く振る、足はかかとから着地し、つま先で蹴り上げる、荷物は持つ手を交互に変えて持つ。

スポンサーリンク


■正しい歩き方で肩こり解消

歩くといえばウォーキングですが、ウォーキングは全身の筋肉を適度に使い血行が促進されるので肩こり解消には効果的です。
運動する時間がないという人でも、歩く事を意識して行うと血行が促進されて肩こり予防につながります。
歩く時は正しい姿勢で歩くことが大切になります。
歩く姿勢が悪いと逆に肩こりを引き起こしやすくなる場合もあります。
立っているときと同じように背筋の伸ばして胸を張ります。
両腕を軽く振って、足はかかとからしっかり着地して、つま先で蹴り上げます。

■歩くときはできるだけ重心を動かさないようにする

歩くときは、できるだけ重心を動かさないようにして腰から動き始める感じで歩くとよいです。
上体のバランスを取りながら、体の重心を大きく動かさないようにして歩きます。
体の重心は腰の少し下にあります。
腰から歩き出す感じで前に足を出すと体は揺れなくなります。
かかとから着地して、そのまま足の裏全体を付けて、親指の付け根で蹴り出し、体を前に移動させます。
鏡で見たり、周りの人にチェックしてもらったりして、自分の歩き方の癖を見つけて矯正するとよいです。

■正しい歩き方のポイント

・背筋を伸ばした正しい姿勢で歩く
・腕を軽く振る
・足はかかとから着地し、つま先で蹴り上げる
・荷物は両手に分けるか、持つ手を交互に変えて持つ

■正しい靴の選び方

・足首まわりが安定しているもの
・かかとは低い方がよい
・甲を形のもので脱げにくいもの
・つま先に適度な余裕があるもの
・靴底のクッション性が高いもの

ハイヒールなどのかかとが高い靴は、重心が前に偏り前のめりの姿勢になりがちです。
そのため背中が丸くなり背骨が歪む原因となってしまいます。
足首が不安定だったり、サイズが合わなかったりすると歩行が不安定になって姿勢が悪くなってしまいます。
かかとが低い靴の方が安定して歩けるようになります。

■歩くときの手荷物

重い荷物は肩こりの原因にもなります。
私達は手荷物を片方の肩にばかり掛けがちになります。
ハンドバックやショルダーバッグでも左右どちらかの決まった方に持ちがちです。
一方の肩ばかりに負担をかけていると、骨格が傾いて片方の筋肉ばかりが緊張してしまいます。
荷物は左右に振リ分けたり、持つ手を交互に替えたりして左右バランスよく持つようにしましょう。
リュックサックだと左右のバランスを取りやすいので肩こり予防に効果的です。
ただし重いものを入れて歩くと前のめりになってしまうので逆効果にもなってしまいます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.