痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肩こり解消ツボ押しポイント

  • HOME »
  • 肩こり解消ツボ押しポイント
ツボ押しの刺激が血液の循環を良くして肩こりを解消します。 患部周辺を押し、気持ちよく感じる点がツボになります。

スポンサーリンク


■肩こりとツボ押し

ツボを押した刺激が血液の循環を良くしてこりをやわらげます。
首・肩・背中の痛みに効果のあるツボを知っておくとマッサージの際にも役立ちます。
正確なツボの場所が分からなくても見当をつけて患部周辺を押し、気持ちよく感じる点がツボになります。
ツボを刺激する際は、親指の腹でじっくり押すのがポイントです。

・親指の第一関節までを使います。
・3~5秒間を断続的に繰り返し押します。
・気持ちよく感じるくらいの強さで行います。
・左右対称のツボは同じように押します。

■首と肩にある肩こり解消のツボ

●風池(ふうち)
風池(ふうち)は、髪の生えぎわの「ぼんのくぼ」の外側付近にあります。
自律神経失調症を伴うときに有効なツボです。
首のこりと疲れに効果がります。

●天柱(てんちゅう)
天柱(てんちゅう)は、頭の後ろにあり、風池の斜め下にあります。
頭痛ともなった肩こりに効果があります。

●肩中揄(けんちゅうゆ)
肩中揄(けんちゅうゆ)は、首の付け根の骨と肩井の中間にあります。
慢性の不快感を感じる人に効果があります。

●肩井(けんせい)
肩井(けんせい)は、肩甲骨の内側の縁の上にあります。
肩を上げたとき肩から首にかけて太い筋が現れます。
この筋の上で首の付け根と肩先を結ぶ線の真ん中にあり、押さえると首の後ろ側に響くところになります。
首から肩にかけての僧帽筋のこりに効果があります。

●肩外揄(けんがいゆ)
肩外揄(けんがいゆ)は、肩甲骨の内上角に接する点にあります。
僧帽筋や肩甲拳筋を中心としたこりに効果があります。

●大椎(たいつい)
大椎(たいつい)は、背中にあり、肩甲骨の内端の高さにある第3胸椎棘突起からふたつ上がった第1胸椎棘突起のすぐ下にあります。
肩こりや首のこりに効果があります。

●大杼(だいじょ)
大杼(だいじょ)は、背中にあり、第1、第2胸椎棘突起の高さで体の中心より約2cm外側にあります。
菱形筋(りょうけいきん)のこわばりに効果があります。

●膏肓(こうこう)
膏肓(こうこう)は、肩甲骨の内側の線に沿って第4、第5胸椎棘突起の高さにあります。

■腕と手にある肩こり改善のツボ

●曲池(きょくち)
曲池(きょくち)は、ヒジを曲げると出来るシワの先端から1cmほど延長した辺りにあります。
ヒジの関節の親指側の脇になります。
強く押すと指先まで響きます。
肩から背中の痛みに効果があります。

●四とく(しとく)
四とく(しとく)は、腕の外側のヒジと手首の中間、腕の太い2本の骨の間にあります。
首の後ろから肩先へのこりに効果があります。

●陽池(ようち)
陽池(ようち)は、手首の甲側のシワの上、薬指と小指の腱が交わる場所にあります。
肩こりに効果があります。

●頸頂点(けいちょうてん)
頸頂点(けいちょうてん)は、人差し指と中指の付け根の中央の関節間にあります。
そのタイプの肩こりにも効果があります。

●後谿(ごけい)
後谿(ごけい)は、手を握ったときの小指に側に出来るシワの中で一番大きなシワの先にあります。
肩甲骨の上の部分が凝っているときに効果があります。

●合谷(ごうこく)
合谷(ごうこく)は、手の甲側で、親指と人差し指の骨の付け根の間、やや人差し指側にあります。
肩こりや首から上の痛みに効果があります。

●少海(しょうかい)
少海(しょうかい)は、ヒジの内側に出来る横シワの先端、ヒジ関節の小指側のわきにあります。
肩甲骨の上や、背中の中央が凝っているとき、首、頭痛に効果があります。

●孔最(こうさい)
孔最(こうさい)は、ヒジを曲げて出来る内側のシワから指の幅3本くらい下、親指側の太い筋肉のくぼみにあります。
呼吸器疾患が原因の肩こりに効果があります。

●げき門
げき門は、腕の内側、ヒジと手首の少し中間にあります。
背中の中央のこりに効果があります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.