痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肩こり解消体操で肩こり改善

  • HOME »
  • 肩こり解消体操で肩こり改善
力を入れたり、抜いたりを繰り返して肩こり体操を行うと血液循環が良くなり、肩こりの治療に効果的。

スポンサーリンク


■肩こり解消体操で肩こり改善

肩こり体操は呼吸に合わせて行い、基本的には息を吐きながら行います。
筋肉は力を入れているときは血の流れが止まりますが、力を抜いたときには何十倍もの血液が流れることが分かっています。
そのため力を入れたり、抜いたりを繰り返して行うと循環が良くなり、肩こりの治療に効果的です。
ここで紹介する肩こり体操はイスに腰掛けて行います。

●背中の筋肉を伸ばし、胸・腕・手首の筋力をアップ
胸の前で両方の手のひらを合わせ、ヒジを出来るだけ左右に張ります。
息を出来るだけゆっくり吐きながら、背中を丸くして、合わせた手の平に力がかかるように両手で強く押します。

●両腕・肩の筋肉を伸ばし指先の血行を改善
両手を組んで水平に前に上げます。

ゆっくりと息を吐きながら、できるだけ腕が遠くにとどくように伸ばし、背中を丸めながら、両ヒジがつくぐらいに伸ばします。
息を吐きながら5秒ほど両手の平圧迫したら、息を吸いながら3秒ゆるめます。

両手をヒザに戻し、こんどは指だけを組んだままで水平に前に上げ、手の平が外側に向くように前腕を内側に回します。

ゆっくりと息を吐きながら、できるだけ腕が遠くにとどくように伸ばし、背中を丸めながら、両ヒジがつくぐらいに伸ばします。

●首・肩・腕の筋肉に弾力性を与え、肩関節の動きを改善
ゆっくり息を吐きながら、肩を十分に引き上げ、同時に首を縮めます。
肩や首に力が入らないように両腕は太ももの脇に下げたままにします。
ゆっくり息を吐きながら肩をおろし、首を伸ばします。

背筋を伸ばした姿勢から、胸の中へ息を溜め込むつもりで胸を張ります。
両手は斜め後ろに自然にもっていきます。

息をゆっくり吐きながら、背中を丸め、首をすくめます。
息を全て吐き切るまで、ゆっくりと力まないように行います。
すくめ切ったら、ゆっくり息を吸いながら元の姿勢に戻します。

●腕の内側の縮んだ筋肉を伸ばす
両手をだらりと下げ、内側を向いている手の平を外側に向け、手首に右手を添えます。

左のヒジを曲げて、脇の下にもっていきます。
左の手の平が外側に向くように右手で強くねじります。

左の上腕と前腕をねじって、きつくなったらそのまま左腕を出来るだけ引き上げます。
反対側も同様に行います。

●首の周りの筋力をアップし血行を改善
両手を組んで額に置き、手に力を入れて額に押し付けます。
同時に首にも力を入れて手を押し戻すようにします。
息を吐きながら5秒間力を入れ、3秒間休むを数回繰り返します。
今度は、両手を組んで頭の後ろに当て、逆に行います。

頭の横に片手を当て、力を入れて首を戻します。
同時に首にも力を入れて、手を押し戻すように行います。
これを交互に行います。

●背骨の関節をやわらかくし、骨の動きを改善
腕を水平に上げ、みぎに振り回しながら体をひねります。
このとき目線は指先に置き、反動をつけづに肩や腕に力が入らないようにします。
今度は腕を左へ振り回しながら体をひねります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.