痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肩のストレッチ・肩のトレーニングで肩こり解消

  • HOME »
  • 肩のストレッチ・肩のトレーニングで肩こり解消
肩のストレッチは筋肉をほぐすことで肩関節の動きがよくなる。 肩のトレーニングは肩甲骨を大きく動かす運動で鍛えられる。

スポンサーリンク


■肩のストレッチで肩こり解消

肩関節を動かして筋肉を大きく収縮させると効果的です。
痛みが出ない範囲で肩関節を動かしましょう。
筋肉をほぐすことで肩関節の動きがよくなります。

右腕のヒジを曲げて真上に上げます。
左手で右ヒジをつかみ、左側へ引っぱります。
反対側も同じように行います。

右腕のヒジを曲げて肩と水平になるまで上げます。
左腕で右ヒジを体に引き寄せます。
反対側も同じように行います。

息を吸いながら肩を思い切りすくめます。
息を吐きながら肩を降ろします。
ゆっくりと10回繰り返します。

ヒジを曲げたまま腕が水平になるように上げます。
ヒジの先で出来るだけ大きな円を描くように肩を回します。
前後に3回ずつ回します。

両腕を胸の前で組み、右手で左手を引っ張るように右前方へ突き出します。
肩を十分に伸ばします。
左手で右手を引っ張るように左前方に突き出します。
肩から下は正面を向いて行います。

両手を胸の前で組み、前方にまっすぐ伸ばします。
肩甲骨の間を広げるように行い、頭はやや前傾してもよいです。
両手を後ろで組み、ヒジを伸ばしたまま出来るだけ上に上げます。
肩甲骨の間が狭くなるように行います。

■肩のトレーニングで肩こり解消

僧帽筋、三角筋、広背筋は肩甲骨を大きく動かす運動で鍛えることが出来ます。

両手で棒を後ろ手に持ち、ヒジを伸ばしたまま上げて3秒間キープします。
ゆっくり降ろしてまた上げます。
10回ほど繰り返します。

棒を上げたところでヒジをグッと曲げ、3秒間キープします。
10回ほど繰り返します。

両手を後頭部で組み、ヒジを上げて胸を張ります。
ヒジを前に出したり、横に戻したりを繰り返します。
肩甲骨の間を広げたり縮めたりするようにします。
10回ほど繰り返します。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.