痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

体型による肩こり・なで肩の肩こりについて!

  • HOME »
  • 体型による肩こり・なで肩の肩こりについて!
なで肩は肩の傾斜が大きく腕を上下に動かすと負担が増すため肩こりが生じます。

スポンサーリンク


■体型による肩こりについて

体型でも肩こりが起こりやすい体型があります。
肩こりの要因には筋肉量が少ないことがあります。
体型には遺伝的な要因ありますが、運動や減量などである程度の改善も可能です。
遺伝だとあきらめる前に筋肉をつけてマイナス面を改善することも大切になります。

■なで肩の人の肩こり

なで肩の人は、首や肩の筋肉の発達が十分でなく筋肉が疲労しやすいということがあります。
なで肩は肩の関節も腕の方に傾斜しているため、腕を持ち上げる時に筋肉に大きな負担がかかってしまいます。
肩の傾斜が大きいと腕を上下に動かすときの負担が大きくなってしまいます。
そのため、なで肩は普通の人よりも肩こりになりやすい体型とも言えます。
またなで肩の人は胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)になりやすいことも大きな要因となります。

■胸の大きな女性の肩こり

女性で胸の大きな人も肩こりを引き起こしやすいと言えます。
乳房の大きな人は重みで姿勢が前傾になりがちです。

■猫背の人の肩こり

猫背の人も良く肩がこります。
猫背の人は背中が丸くなって肩や頭を前に出すような姿勢になりがちです。
前傾の姿勢は首や背中の筋肉が常に引っ張られるため、肩がこりやすくなります。
猫背の人は普段から姿勢に気を付けて正しい姿勢をとることが大切になります。

■やせた人の肩こり

やせた人も太った人も肩こりが起こりやすくなります。
やせた人は筋肉量が少ないために肩こりを引き起こしやすいと言えます。
運動をせずにダイエットを行うと筋肉がやせてしまいます。
ダイエット中でも運動をして筋肉量を一定に保つことが大切になります。

■太った人の肩こり

太っている人は腕も重くなり、その重さが肩の負担となります。
また体重が重くなると背骨にかかる負担も大きくなり、肩こりを引き起こしやすくなります。
肩こり解消のためにも肥満を解消することも重要になります。
太った人の方がやせた人よりも頑固な肩こりの人が多くいます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.