痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

運動不足による肩こりについて

  • HOME »
  • 運動不足による肩こりについて
運動不足は血行不良を起こし老廃物が排出されにくくなり肩こりの発生につながります。

スポンサーリンク


■運動不足による肩こり

肩こりには、筋肉の使い過ぎによる疲労で起こる場合と、使わないでいるために起こる場合があります。
筋肉は使わないでいるとこわばってきます。
筋肉は本来弾力性があり、適度な運動が必要です。
運動を行うと筋肉の緊張と弛緩が繰り返され、血液の循環が良くなり新鮮な酸素と筋肉内に溜まった疲労物質交換がうまく出来るようになります。
この交換がうまくいかなくなると乳酸などの疲労物質が筋肉内に溜まってしまいます。
そのため筋肉が固くなってしまい、筋肉内の神経や周りの神経が圧迫されて痛みが生じます。
筋肉を使わないで肩こりが起こった場合は、適度な運動を行えば改善することが可能です。
ストレッチなどの体操により、こわばっている筋肉を無理せずゆっくりと伸ばすと効果的です。
ストレッチなどの肩こり体操は予防にもつながります。
ウォーキングやジョギングも肩こり解消に効果的です。

■運動は肩こり予防に最適

体を動かす習慣がない人は筋力が衰えているため、頭や腕の重みを支えられず首や肩に筋肉疲労を起こしてしまいます。
運動不足は血行不良を起こし老廃物が排出されにくくなり肩こりの発生につながってしまいます。
適度な運動は全身の組織の老化も防ぎ、老化による肩こりの予防にもつながります。
生活習慣を改善するためにも適度な運動は効果的です。
日頃運動をしていない人がいきなり本格的な運動を行うのは無理なので、体に負担が少ない全身運動が肩こり解消に向いています。

■便利な生活が肩こりを引き起こす

昔は掃除や洗濯も重労働で体全体を動かしていましたが、最近では家事をするにも掃除機や洗濯機のおかげでかなり楽になってきました。
そのため大きな動きをすることもほとんどなくなり、買い物も外出せずインターネットや通販で済むようになってきています。
便利な生活と引き換えに体を動かす機会が少なくなり、一日中イスに座っていたり、腕を肩より上に上げない日があることも珍しくありません。
肩こりは運動不足による筋肉疲労でも引き起こされます。
便利になって動かない分、自分で意識して動くことが大切になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.