痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

胃下垂や胃腸障害による肩こりについて

  • HOME »
  • 胃下垂や胃腸障害による肩こりについて
胃下垂や胃腸障害でお腹に力が入らず姿勢が崩れて肩こりの原因になります。

■粗食・過食・夜食は肩こりの原因に

胃腸の働きが悪いと肩こりが起こりやすくなります。

胃下垂(いかすい)や胃腸の調子が悪いとお腹に力が入りずらく、姿勢も悪くなりがちです。
飲み過ぎ、食べ過ぎは肩こりの原因ともなります。
胃に負担をかけないために消化の良いものを食べることも大切です。
硬すぎる物、生ものにも気をつけましょう。 ビタミン・カルシウム・食物繊維や、三大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物をバランスよく摂取して健康にも気をつかいましょう。
栄養のバランスが崩れると体調が悪くなり、便秘になったりして肩こりが引き起こされやすくなります。
夜食や食べ過ぎは胃の負担をかけてしまうので、寝ている間は胃を休めるようにしましょう。
胃に負担をかけないためにもよく噛んで食べるようにしましょう。

■ビタミンAの豊富な食品

ニンジン、小松菜、豚肉、レバー、鶏、やつめうなぎ

■ビタミンB1の豊富な食品

うなぎ、枝豆、豚肉、そら豆

■ビタミンCの豊富な食品

ブロッコリー、柿、サツマイモ、ネーブル、イチゴ、レモン、株

■カルシウムの豊富な食品

牛乳、イワシ、チーズ、海草類、小魚、豆腐

■食物繊維の豊富な食品

ワカメ、コンブ、ゴマ、かんぴょう、エンドウ豆、落花生

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.