オルゴールの高周波数が脳の側頭葉(聴覚野)に良い刺激を与えて認知症予防効果が期待されています。
筋膜リリースで筋膜のねじれを改善すると全身の代謝アップしダイエット効果が期待できます。
酢に含まれる酢酸とピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールには血圧を下げる効果があります。




■オルゴールで認知症予防

側頭葉は脳の両サイドにあり記憶と深く関連した部分です。
側頭葉の機能低下は認知症を招くおそれがあります。
音の刺激は側頭葉(そくとうよう)に入っていきます。
オルゴールの音色は側頭葉の聴覚野という部分を強く刺激するので機能低下の予防につながります。
CDで音を聞いても高い周波数がほとんどないですが、実際のオルゴールでは高い周波数が出ています。
高い周波数は超音波といって人間には聞こえない音になりますが、高周波数が聴覚野を刺激する効果が期待されています。
高周波数は聞こえないですが、空気の振動は伝わってくるので脳の側頭葉(聴覚野)に良い刺激を与えていると考えられています。

■筋膜リリースで全身の代謝アップ

筋膜(きんまく)とは全身の筋肉を覆う膜で、筋肉の中にまで入り込んでいます。
筋膜は日頃よく行う動作や些細なクセなどが原因でねじれが生まれてしまいます。
すると筋肉の動きが悪くなり血流量が低下し肩こりや腰のハリの原因となってしまいます。
筋膜リリースでこの筋膜のねじれを改善します。

筋膜リリースの体操を行うと全身の代謝が上がりダイエット効果が期待できます。
筋膜をリリースすると歩くにしても立つにしても動作をするにしても、その時に働く筋肉の量が増えていきます。
日常生活でもより多くの筋肉を使うようになり、代謝が上がり消費カロリーがアップします。

●筋膜リリース体操1
左足を前に出し、右手をテーブルに置きます。
左腕を天井に向かって伸ばし15秒間キープします。
後ろ足のヒザを曲げないようにしっかり伸ばすことがポイントです。
上げた腕の方向に顔と身体をひねり気持ち良いと感じるところで15秒間キープします。
さらにそのままの姿勢で右ひじをテーブルにつけて15秒間キープします。
置いたひじが肩より内側まで入るようにひねるのがポイントです。

●お腹周りの筋膜リリース体操
仰向けになり両手両足をしっかり伸ばし20秒間キープします。
右ヒザを上げ、少し身体を起こしながら左の手のひらで右ヒザの外側をさわり足下へ滑らせていきます。
このとき右手と左足もしっかり伸ばすのがポイントです。
この姿勢を20秒間キープします。
再び20秒間、両手両足を伸ばし左右を変えてまた20秒間キープします。

●立って行う筋膜リリース体操
足を肩幅に開き、肩の高さで腕を組みます。
その状態で骨盤のみを左にひねって3〜5秒間キープします。
この時ヒザは曲げず肩を動かさないようにします。
右側も同様に行い、左右10セットが目安になります。



■酢ピーナッツで高血圧対策

酢に含まれる酢酸には血管を拡張して血圧を下げる効果があります。
ピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールには血圧を下げる効果があります。
酢とピーナッツを合わせると
ピーナッツの油の中に含まれるオレイン酸には悪玉コレステロールを下げる効果があります。
そのため動脈硬化を予防する働きも期待できます。
しかも酢に漬けることでオレイン酸を効率良く吸収することができます。
酢に含まれる酢酸には油の成分を細かく分解する作用があり、コレステロールを下げてくれるオレイン酸の吸収率が格段にアップします。
ピーナッツの酢漬けは1日に10〜20粒が目安になります。

●酢ピーナッツの作り方
薄皮付きのピーナッツにかぶるくらいの酢を注いで冷蔵庫で5日ほどで出来上がりです。
ピーナッツの薄皮を取らないことがポイントになります。

■筋膜リリース注射による肩こり治療法

■トリガーポイントについて!筋筋膜性疼痛、肩こり腰痛のトリガーポイント

■肩こり改善あべこべ体操!反対の動きで筋肉を伸ばし血行改善こり解消

■原因別の肩こり解消法!いかり肩、なで肩、眼精疲労、猫背

■肩こり解消法!僧帽筋や広背筋をストレッチして肩こり予防

■肩こり解消ストレッチ!痛みのメカニズム、頭痛と肩こり

■肩こり解消法!肩こりは肩甲骨の傾きが原因、超短波治療器、僧帽筋の働き

■ふくらはぎを揉んで肩こり解消、枕で肩こり解消!玄関マットとタオルケットで肩こり予防枕

■肩こり解消!肩甲骨を大きく動かすことが肩こり解消のポイント

■肩こり解消!僧帽筋と広背筋のバランス、肩こり解消体操